漫画ネタバレ

墜落JKと廃人教師50話のネタバレと感想!サンシャイン!?

▼墜落JKと廃人教師のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って花とゆめ電子版を読むのがおすすめです!花とゆめ電子版で最新話を読む場合は、花とゆめ1刊遅れで先読みできますよ。

クラス替えにより灰仁と離れ寂しく思う扇言。

しかしクラスなど関係ないし離れてるつもりもないと語る灰仁の言葉を聞き、春のあたたかさを扇言は感じていました。

コミ子
コミ子
親しい人たちと離れたら誰でも不安になるもんね。自分をいつも見守ってくれてる人だとなおさらだわ。

それでは、2020年5月20日発売の花とゆめ12・13合併号に掲載されている墜落JKと廃人教師50話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

墜落JKと廃人教師50話のあらすじ

「…JK俺ってさぁ、グロいの苦手じゃん?だからさぁ、潰れて死ぬのは遠慮したいと思うわけよ。物理的につぶれるって意味な?」

学校の駐車場横の通路で扇言に話かける灰仁。

灰仁の言葉に同意する扇言ですが、まさに今、灰仁は潰されそうな状態で…。

墜落JKと廃人教師50話のネタバレと感想

「まさに潰されそうになってるんだ。校長(銅)に

必死に倒れかけた校長銅を支えている灰仁に、朝の挨拶をする扇言。

「はぁい、おはよう!!」

灰仁の返事もヤケ気味です。

ひと気のない学校の駐車場横の通路でプルプルした灰仁を見つけたのは、普段から周囲に気を配っているからだと扇言は灰仁に説明します。

誰かからのストーカー対策ですね!

灰仁は扇言に、肘をぶつけて校長の銅像が倒れてきたと説明し、1人で下ろすこともできないため、騒ぎにならないよう黙っててくれそうな応援を呼んでいると話しました。

「じゃあ私はこれで…」

その場から去ろうとする扇言に待ったをかけ、頭がかゆくなったと訴える灰仁。

扇言は何も聞かず灰仁の頭をわしゃわしゃと撫で始めます。

「どこがかゆいのか聞かないのか?」

「どうせ嘘なので」

ため息まじりに返答しながら、扇言は駐車場にある車の後部がへこんでいるのを発見しました。

何かを察した扇言。

その場から去るのを止め、灰仁と雑談を始めました。

潰れる→圧死→圧力炊飯器→プロポーズという雑談をしている2人の所に、応援部隊が到着。

「灰葉先生!お待たせしました!大丈夫ですか!?」

若い女の先生を先頭に、灰仁に借りがあるという男子生徒2人が駆けつけました。

そして男子生徒とともに銅像をそっと下ろそうとしますが失敗し、銅像の校長の首が折れてしまいます。

にゃん太郎
にゃん太郎
やっちまったね!結局壊れちゃったなぁ。

「あ…あの~…」

「あぁ、姫野は行っていいよ。呼んできてくれてありがとな」

男子生徒を連れてきた女性は教育実習生でした。

「姫野麗といいます!よろしくね!!」

キラキラとした光とともに笑顔で自己紹介する麗。

担当が国語だったため、灰仁のクラスに任されたようです。

コミ子
コミ子
灰仁のクラスの担任も国語担当だもんね。前回のラストのフリはここに繋がってるんだ!
にゃん太郎
にゃん太郎
ほんとに麗の周りが輝いてるよ!あだ名はサンシャインじゃないかって灰仁も言ってるね。

「灰葉先生!そのことよりもそれ…、どうしたらいいでしょう…」

首が折れた銅像を見ながら不安そうに話す麗に、心配せず授業の準備をしてこいと言う灰仁。

「このことは気にしなくていいから。緊張してんだろ。授業頑張れー」

「……は…はいっ…!」

パタパタと走り去る麗の姿を見ながら、姫野先生かわいーねと言う男子たち。

「灰仁から見てもかわいい?」

「あぁうん、かわ」

灰仁は何も言わない扇言の存在に気づき慌てて言葉を止め、必死に扇言にひそひそと長い釈明を始めます。

「欠片も怒ってないですけど、言い訳は長いほど疑念が増しますよ」

扇言は怒ったから黙っていたのではなく、別の事を考えていました。

「…先生って今までにも色々とやらかしてきてて、だからだらしないし廃人とかクズとか言われるんですよね」

「でもそのやらかしてきたことの中には、他の誰かを庇った分もたくさんあるんでしょうね」

扇言は後ろがへこんだ車を指差し、麗が車を銅像にぶつけてしまい、銅像が倒れるちょうどそこに灰仁が隠れていたと推理しました。

「そういうのって気づかれない方がかっこいいって知ってる?」

扇言の指をそっと握り、自分の人差し指を口に当て内緒だよというポーズをとる灰仁。

そう言いながらも顔には笑みがあり、扇言に気づかれたことが嬉しそうです。

「だってもうこれ、まさに心が通じ合ってるみたいな…」

そう言った灰仁の横に、窓越しに見つめる校長の姿が…。

にゃん太郎
にゃん太郎
校長の顔が怖い!!怒ってないけど怖い!

怒られてくるかぁとため息をつく灰仁に、自分が一緒に行った方が罪が軽くなりますよと提案する扇言。

「いいやつだなお前」

「先生もですね」

2人並んで歩き始めました。

放課後になり、授業を終えた灰仁へと駆け寄り、深々と頭を下げながら礼を言う麗。

実習初日からしでかしてしまった麗にとって、灰仁が庇ってくれたことは本当に嬉しかったようです。

「あの、それでよかったら…なんですけど…。こ、今夜お食事でも!どうですか…?」

表情を変えず無言で考え込む灰仁。

灰仁は自分が誘われて行くことに対し扇言がどう思うのか考えていました。

扇言は何も気にしなさそうですが…。

『でも俺はJKのため断る』

そう思い断ろうとした瞬間、婚活中の灰仁のクラスの担任方が現れ、灰仁の肩を掴みながら自分たちも飲みにいくと言い出します。

「いや、だから俺は行けないって。もう帰るとこなんで」

「え?」

真顔で断れない雰囲気を醸し出す担任からの圧。

担任は麗と肩を組み、嬉しそうに合コンしましょと歩きだしました。

物理的な圧よりも人間関係の圧の方がよっぽどつらいと思い知った灰仁でした。

コミ子
コミ子
灰仁と話す麗の顔がまるで好きな人と話す感じに見えるんだけど?まさか…ね?
にゃん太郎
にゃん太郎
灰仁に優しくされて惚れちゃった?扇言のライバルになっちゃう??

まとめ

今までにない陽キャラの登場です!

可愛くて一生懸命でいい人そうですが、灰仁のことを意識している感じがあり心配ですね。

灰仁モテ期到来?!

次号の展開も楽しみです!

▼墜落JKと廃人教師のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!