漫画ネタバレ

東京卍リベンジャーズの160話のネタバレと感想!〝極悪の世代〟の伝説

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

最愛の人である赤音の死・・・。

それを訴え続けた乾に対し、九井の拳が止まります。

しかし、乾の前に現れたのはムーチョでした!

2020年6月3日発売の週刊少年マガジン27号に掲載されている東京卍リベンジャーズ160話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

東京卍リベンジャーズ160話のあらすじ

遂に動き出した天竺四天王。

その凶暴さは、まさに〝極悪な世代〟です・・・。

東京卍リベンジャーズ160話のネタバレと感想

「うおおおおお!!」

叫びながら鶴蝶に殴りかかる武道。

 

しかし、鶴蝶は武道を弾き返します。

全く手応えのない武道を見下ろす鶴蝶。

 

幼馴染を前に、武道は稀咲の元に行かせろと話しました。

「オレがいる限り稀咲のところには行かせねぇぞ」

鶴蝶はそう答え、天竺としての意思を見せます。

 

一方、コンテナの上から戦いを見下ろす稀咲。

潰れかけの東卍相手に、苦戦してんじゃねぇかよ」

稀咲がそう話す相手は・・・イザナ!

 

イザナは稀咲の言葉に答えず、ただ戦況を見つめるのでした。

 

コミ太
コミ太
稀咲にはまだ東卍が押してるように見えるのかな?
にゃん太郎
にゃん太郎
イザナは別の考えっぽいけどね!

 

鶴蝶に歯がたたず、その場に倒れている武道。

そんな武道を視界に捉えた千冬は心配して声を上げます。

 

しかし、千冬が相手にしているのはモッチー。

「余所見してんじゃねぇぞ!!」

そう言って、千冬を殴りました。

 

なんとか腕でガードする千冬ですが、痺れる腕・・・

「コイツ、マジで強ぇ!!」

以前不意打ちで負けてしまった千冬は、その強さを認めます。

 

そんなモッチーの強さを語るイザナ。

イザナを中心とする〝極悪の世代〟は、13歳の時に少年院で出会いました。

 

当時、モッチーが収監された理由は公務執行妨害

喧嘩を止めに入った警官をボコボコにしたのです。

 

さらに、イザナは他のメンバーについても語ります。

ムーチョの罪状は傷害

 

喧嘩相手を下半身不随にまで追い込んだムーチョの技は・・・柔道です!!

今、目の前でムーチョに背負い投げを受けたのは乾。

過去には相手をコンクリートに叩きつけ、下半身不随にしたのでした。

 

場面は変わり、背中を合わせて戦うアングリーと八戒。

2人が相手をしている灰谷兄弟は、〝六本木灰狂戦争〟で名を轟かせます。

 

当時、都内最大チームだった六本木の〝狂極〟

その総長と副総長を一瞬でシメた2人。

その時に副総長が死亡・・・。

 

13歳で2人は六本木のトップに立ちますが、傷害致死罪で少年院に入ったのです。

「東卍なんてどう足掻いたところで・・・無駄」

そう話すのは、〝極悪の世代〟を率いるイザナ。

 

「この抗争、天竺の勝ちだ」

ニヤリと笑い、そう断言するのでした。

まとめ

〝極悪の世代〟たちが本領を発揮し始めました。

ただ1人ペーやんに敗れた斑目獅音は、その中でも最弱だったのでしょう。

他のメンバーは自分のチームを自力で作っていますが、斑目だけはイザナの下についていました。

四天王に押される現東卍の中心メンバー。

この危機を救うのは、本来の東卍を率いてきたメンバーが復活するしかありません。

マイキーにドラケン、三ツ谷とスマイリーも抗争に参加すると予想します!

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!