漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の274話のネタバレと感想!それぞれの5年後・・・。

 

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

結婚せず子供を育て、陽菜を支え続けると決めた夏生と瑠衣。

時は流れ・・・5年後・・・。

それでは、2020年5月27日発売の週刊少年マガジン26号に掲載されているドメスティックな彼女274話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女274話のあらすじ

5年の月日は流れ、日常生活を送る夏生と瑠衣。

陽菜はまだ目覚めていません。

献身的に介護をする夏生に、瑠衣が手渡したのは・・・!?

ドメスティックな彼女274話のネタバレと感想

「ただーいまー」

夏生と共に自宅に帰ったハルカは、元気に叫びます。

 

玄関に夏生を置き去りにし、家の中へと走って行くハルカ。

ある部屋に入り・・・。

「ヒナちゃんただいまー」

そう話しました。

 

コミ太
コミ太
え?目覚めてるのかな?
にゃん太郎
にゃん太郎
だとしたら、ハルカちゃんは夏生と陽菜と住んでるってこと?

 

ハルカが嬉しそうに駆け寄る陽菜は・・・ベットに横たわっています。

まだ目覚めていない陽菜を自宅で引き取って面倒を見ている夏生。

 

ハルカは保育園で習ったストレッチを、夏生と共に陽菜に施すのでした。

日が暮れた頃・・・家には瑠衣が帰ってきます。

 

「ママーおかえり!」

そう言って瑠衣を出迎えるハルカ。

 

瑠衣はレストランでの仕事を再開しており、店は大繁盛しているようです。

食事を取る前に、陽菜の排泄ケアを済ませる瑠衣。

 

陽菜の排泄物を取り終えた瑠衣に、夏生は自分も手伝いたいと話ます。

他の介護は夏生が担当していますが、排泄ケアだけは瑠衣がやることになっているのです。

 

「気持ちは嬉しい・・・でも、ナツオはヒナ姉の〝好きな人〟だからさ」

夏生のお願いに、陽菜の気持ちを考えると排泄ケアは頼めない、と瑠衣は答えました。

 

そんな日常を過ごす夏生たち・・・。

その日は、高校の同級生が家に遊びに来ます。

 

メンバーは、桜坂と結婚して生活するモモ。

出版社に就職した美雨もいて、最後はアメリカの大学に通い始めたアレックス。

 

それぞれの近況を楽しそうに話す中で、モモが陽菜について尋ねてきます。

「橘先生の様子、どう?」

夏生は陽菜が植物状態になった後、皆に過去にあった陽菜との関係を打ち明けていました。

 

この5年間、夏生は陽菜に良い医療を環境を作るため、1年に2~3作のペースで小説を書き上げます。

その何本かは映画化もされ、舞台の脚本まで手がけるようになったのです。

 

そんな夏生の努力を、凄いと評価する美雨。

美雨の言葉を聞いた夏生は・・・。

「俺のしてることなんて、全然まだまだだよ・・・」

そう答えます。

 

夏生が小説を書けなくなった時、傍で支えてくれたのは陽菜でした。

今まで陽菜からもらったモノを考えると・・・。

「俺の人生かけたって、全然足りないよ・・・」

 

夏生の言葉を聞き、皆は微笑むのでした。

 

コミ太
コミ太
まだ目覚めてなかったんだね!
にゃん太郎
にゃん太郎
夏生は5年間頑張ってきたんだねー

 

陽菜に人生を捧げると誓った夏生。

今日も介護をする夏生は、陽菜の髪の毛を切ることにします。

 

娘のハルカに手伝ってもらい、陽菜の髪を気切っていくと・・・夏生はあることに気付きました。

夏生との関係を終わらせた後、髪を短く切った陽菜。

 

しかし今は・・・。

「初めて出会った頃と同じくらいになった」

夏生はそう呟きます。

かつての陽菜を思い浮かべ、夏生は涙を流すのでした。

 

時間は流れ、瑠衣が帰宅する時間。

既にハルカを寝かしつけた夏生は、瑠衣と話を始めます。

 

仕事を順調にこなす一方、家のことができていないと話す瑠衣。

さらに、新たな店舗に誘われていることを打ち明けました。

 

その店に入ると、通勤時間が長くなり、さらに夏生に負担をかけることになる・・・。

「そんなの気にしなくていい。ルイがやりたいことなら応援するよ」

夏生の言葉を聞いて、瑠衣は嬉しそうに笑います。

 

話題を変え、陽菜の髪を切った話を始める夏生。

髪を切ってサッパリすると、陽菜が笑ったように見えることがあると言うのです。

「なんか喜んでくれてる気がして、スゲー嬉しくなるんだよな」

 

幸せそうな笑顔で話す夏生を見た瑠衣は・・・。

「そうだ忘れるとこだった」

そう言って、何かを取り出しました。

 

瑠衣が夏生の目の前に出したのは・・・婚姻届・・・!?

まとめ

5年後も陽菜は目を覚ましていませんでした。

その間に、夏生は大作家になっていたようです。

5年前はまだ大学生だったので、20代半ばで成功しているのは凄いですね!

問題は、瑠衣が最後に出してきた婚姻届・・・。

瑠衣との結婚はないと決めていたので、夏生は陽菜と籍を入れるのでしょうか!?

完結まで残り2話。

結末が気になります!

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!