漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ195話のネタバレと感想!さらなる第七師団の猛者

▼ゴールデンカムイのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

都丹を追って山へと入った菊田、有古、宇佐美の3人は、古い坑道にたどりつきました。

そのとき、宇佐美が氷の柱のようなものに足をぶつけて音をたててしまいます。その音を頼りにしたのか、暗闇の奥から銃弾が放たれ…

それでは、2019年3月28日発売の週刊ヤングジャンプ17号に掲載されているゴールデンカムイ195話のネタバレと感想をお届けします!

ゴールデンカムイ195話のあらすじ

暗闇の中、宇佐美は足を撃ち抜かれ負傷してしまいました。

菊田達の足元にはしたたり落ちた水滴が凍り、成長した氷筍というものがあります。都丹はこの氷筍を踏んだ音を察知し狙撃をしてきているようです。

有古は、明かりがあれば氷筍を避けて動けるが、この暗闇の中明かりをつければそれこそ格好の的になってしまうと考えていました

明かりもつけず暗闇を進む有古ですが、銃を氷筍にぶつけ追ってしまい、その音を聞きまたもや…

ゴールデンカムイ195話のネタバレと感想

有古は狙撃されてしまいます。なんとか狙撃をかわす有古、反撃する菊田と宇佐美ですが、都丹は暗闇の中を素早く移動しておりあたりません。

菊田は敵が素早く動いているにもかかわらず氷筍が折れる音がしないことと、視界が悪い地獄谷の火山ガスの中でも自分達の位置を察知していたことに気づきました。

コミ太
コミ太
都丹は暗闇の中どうやって氷筍を避けて移動しているんだろう?
にゃん太郎
にゃん太郎
視界が悪いガスの中でも位置がわかるっていうもの不思議だね

菊田は上着から何かを取り出します。氷筍を縫うように移動していた都丹でしたが、何かのニオイをかぎとり、ハッとしました。

都丹が盲目であると予想していた菊田は、松明で都丹の姿を目視、即座に銃撃し、都丹の左肩に命中させます。

「按摩さんじゃねえかよ。やはりハナから見えてなかったか」

「バレた、形勢不利!!」

コミ太
コミ太
都丹は盲目だったのか!
にゃん太郎
にゃん太郎
じゃあ最初から明かりをつけてもよかったんだね…

坑道から外へ出ていく都丹を追いかける菊田と有古ですが、負傷した宇佐美が足を引きずりながら追いかけてきます。そこで菊田が愚痴をこぼしました。

「菊田特務曹長どの~、足撃たれちゃいました~。置いてかないでください暗いです~」

「腹立つなぁ、あいつ」

コミ太
コミ太
え…ひどくない…

菊田は自分が宇佐美に肩を貸し、有古に都丹を追いかけるよう指示します。

有古は木の枝をパキパキおりながら都丹を追いかけ、都丹は有古が来ているのに気づき、さらに山の奥へと逃げていきました。

菊田の肩を借りながら宇佐美は、有古一人で大丈夫かと心配しています。

菊田は答えました。

「有古は八甲田山での捜索隊のひとりだぞ」

「しかも登別はあいつの庭。この山で…有古力松ありこりきまつから逃げ切るのは不可能だだ」

有古はさらにバキバキと木の枝を折りながら都丹を追いかけますが、急に有古は狙撃し始め、都丹も応戦します。

しかし互いに距離があるためか弾はあたりません。そして都丹はゴゴゴゴという音に気付きました。

「そうか、オレは誘導させられていたのか」

「これが起こりやすい場所を知っていたってわけだ」

都丹の上から雪崩が発生し、都丹は雪崩の下敷きになってしまいました。

「負けたぜ…」

まとめ

遂に菊池達と都丹との戦いが終結しました。序盤ではまたもや菊池さんが大活躍で都丹の盲目を見破りましたね!

しかし後半の有古対都丹の一対一は有古の圧勝で終わりましたが、都丹の最後の「負けたぜ…」の表情も潔い感じがあり、敵ながらにかっこよかったです。

有古の都丹を追いかけ方、雪崩が発生した後の有古のクールさ、渋さはたまりませんでした。

そして雪崩にのまれてしまった都丹は…

最新話の内容はこちらからどうぞ☆

【毎週更新】ゴールデンカムイ最新話209話のネタバレと感想!有古を通し、高度な頭脳戦を繰り広げる鶴見と土方。暗号を解く鍵となるアリシパの元へ向かおうとする鶴見ですが…それでは、2019年8月22日発売のヤングジャンプ38号に掲載されているゴールデンカムイ209話のネタバレと感想をお届けします!...