漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女226話のネタバレと感想!夏生の窮地にマスター参上!

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

薬を盗んだ疑いで拉致された夏生と海咲。

暴行を受け、銃を向けられ夏生ピンチ!

そこへ喫茶ラマンのマスターが現れ・・・

それでは、2019年4月10日発売の週刊少年マガジン19号に掲載されているドメスティックな彼女226話のネタバレと感想をお届けします!

→前話(225話)の内容を思い出したい方はこちらからどうぞ

U-NEXTで今すぐ「ドメスティックな彼女」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!

ドメスティックな彼女226話のあらすじ

窮地に立たされた夏生と海咲の前に颯爽と現れたマスター(陽菜もいるけど)。

そんなマスターに怪しい男”カイさん”は誰だよてめぇと驚きを隠せません。

マスターはただの喫茶店のマスターよと自己紹介し・・・

ドメスティックな彼女226話のネタバレと感想

部屋を荒らしてた子が全部吐いてくれてね。といきさつを語るマスター。

ギャングごっこは終わりよ。その子たちを返しなさい。と言うマスターに男たちはナイフを向けて襲い掛かります。

しかしマスターは軽く男たちを倒してしまいました。

「ナニモンだアイツ・・・他の連中も呼べ。」

”カイ”は手下に命じます。

残った手下が陽菜に襲いかかろうとしますが、陽菜の振り回したパイプが男の股間にヒット!

陽菜は偶然にも男を倒してしまいます。

え!?ごめんなさい・・とオドオドする陽菜に「金的は実践で常套かつ有効手段よ。」とマスターは褒めます。

そんな状況にしびれをきらし、”カイ”はマスターにむかい発砲!

しかしマスターは銃弾を避け、カイを殴り銃を奪います。

カイに銃を突きつけマスターは言います。

「銃さえ向ければ勝ちだと思った?残念ねぇ、これはそこまで無敵じゃないのよ。」

銃弾をバラバラと抜きながらマスターは、あんたみたいな自己顕示欲が強そうな子は裏稼業に向いていないと告げます。

大丈夫?酷いことされなかった?と海咲にかけよる陽菜。

あの人は・・・?と不思議そうにマスターを見る海咲に

「あの人は私たちがよく行く喫茶店のマスターで、元は裏社会の人だったの。」

と今回のことも不審に思っていたマスターが早くから動いてくれていた・・と事情を説明します。

夏生は陽菜に迷惑掛けてごめん・・と謝りました。

そんな夏生を強く抱きしめる陽菜。

「よかった・・・!もうヤダこんな思いするの。ナツオくんにもしものことがあったら私もう・・・」

コミ太
コミ太
不運続きの夏生。殴られはしたけど命に別状はなくてホッとしたね。

「これで逃げられると思うなよ!」

マスターに捕まったカイはまだ悪態をついています。

「もうすぐ俺らの仲間が来る。したらたっぷり後悔させてやるよ!」

海咲に向かって、どーせやめられるわけがない。今までもお前みたいに真っ当になろうとした奴はいたけど皆戻ってきた。人間なんてそんなもんだ!と言います。

しかし海咲は言い返します。

「正直あたしも思考停止してた。辛いし仕方ないって、別にどうなってもいいしって・・」

「でも今は悲しませたくない人がいる。シラフであたしを立たせてくれた人が!」

「だから決めたの。ちゃんと自分の”これから”と向き合うって・・・!」

夏生の必死の説得により、目が覚めた海咲。楽な道じゃないのはわかっているけど、もう逃げないと決めました。

偉そうに・・・そのキレー事も仲間がくるまでだ・・・と言うカイに

「仲間ってこいつらのことか?」

と誰かがボコボコになった男を目の前に投げつけてきました。

入り口に目をやると、そこにはスーツを着た怖そうな男たちが・・・!

マスターはあんた達が荒らしてたシマを取り仕切ってる講談組の皆さんよ。と紹介します。

「さぁ後悔するのはどっちでしょう、ヤクザコケにして。捕まるのは警察じゃないからね・・・」

青ざめるカイに追い討ちをかけるマスター。

講談組がカイ一味を連行していく中、「昌」とマスターに声を掛ける人が。

かけ付けたヤクザのボスらしき人です。

足洗ったはずのお前から連絡来たときは驚いたよ・・・と話すボス。

あの槐原(かいばる)って奴は薬以外にも詐欺・窃盗を繰り返していてマークしてたけど尻尾をつかめなかった。情報ありがとうとマスターにお礼を言います。

思いかけず役に立ててよかったと言うマスターに「変わったな、昌」と笑顔を向けるボス。

今はこれが素なの、とマスターは笑顔を返しました。

次会う機会があったら飲みにでも行こうと誘うボスに、大きな組の組長と懇意にしてるなんて噂が広まったらお客さんが来なくなるから、と断るマスター。

それもそうかと笑って去っていくボスにマスターは、また会えてよかった、元気でね・・と寂しそうな表情をうかべます。

にゃん太郎
にゃん太郎
マスターが足を洗った原因はこの人だった・・・?確か一目ぼれしたからヤクザやめたんだったよな・・・

そしてその後、海咲が出頭するため夏生たち4人は警察へ。

俺もついて行くという夏生に、もう1人で行けるから大丈夫と海咲は言います。

でも・・と食い下がる夏生を、マスターが「行かせてあげなさい。これはこの子自身の闘いなのよ。」と制止。

去り際海咲は夏生に、クスリやってるの見られたときに言ったこと、夕飯に混ぜてるから同罪ってやつ。あれウソ。ゴメンねと謝ります。

そんな海咲に夏生はわかってたよ・・と笑顔で答えました。

満足そうに警察へ向かう海咲。

心配そうに見守る夏生にマスターは言います。

「大丈夫よ。一度躓いたら道が全部なくなるわけじゃない。自分の気持ち次第でどこからだってやり直せるわ。」

海咲の変化を目の当たりにしてきた夏生。自分と重ね合わせ、そろそろ俺も前に進まなきゃな・・・と家へ帰るのでした。

コミ太
コミ太
本当に色々あったけど、夏生が前を向くきっかけになったみたいだね。

まとめ

マスター強い!そしていつも良い事言ってくれる!マスターの恋路も気になるところですね。

とにかく海咲を見習って、夏生も早いとこ前向きになってくれるといいんですが。

最新話の内容はこちらからどうぞ☆

【毎週更新】ドメスティックな彼女最新話227話のネタバレと感想!夏生と別れた瑠衣は今・・夏生と別れ1人ニューヨークへ帰ってきた瑠衣。瑠衣はルームメイトのダニエラに誘われプールで泳いでいて・・・それでは、2019年4月17日発売の週刊少年マガジン20号に掲載されているドメスティックな彼女227話のネタバレと感想をお届けします!...