漫画ネタバレ

約束のネバーランド130話のネタバレと感想!エマの決意報告

▼今すぐ絵付きで読みたい方は、U-NEXTのポイント利用がおすすめ▼

U-NEXTで今すぐ「約束のネバーランド」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って漫画を無料で読めますよ♪

ノーマンは農園を出た後、ラムダ研究所で鬼の研究をしていました!

過酷な環境の中、1人でなんでも背負ってきたノーマンは・・・

それでは、2019年4月8日発売の週刊少年ジャンプ19号に掲載されている約束のネバーランド130話のネタバレと感想をお届けします!

→前話(129話)の内容を思い出したい方はこちらからどうぞ

約束のネバーランド130話のあらすじ

ノーマンに鬼を滅ぼしたくないと告げたエマ。

エマとレイは仲間たちにそのことを報告し・・・

約束のネバーランド130話のネタバレと感想

「ごめん!私”七つの壁”に行ってくる!」

突然のエマの報告に「ええ~~~っ!!?」っと騒然とする仲間たち。

ノーマンは鬼を絶滅させられると言っていたのに、なぜエマが”七つの壁”に行く事になったのか理解できません。

そこでエマは誰にも言っていなかった本音を打ち明けます。

「我慢しようと思ったんだけど・・・やっぱりダメだったというか・・・」

「私 鬼を絶滅させるのやだなぁって」

軽く言うエマに再び「ええ~~~っ!!」っと驚く仲間たち。

悪い鬼ばかりならまだしも、普通に暮らす鬼や子供とか赤ちゃんもいる。

食料を絶ち退化させて野良鬼にして絶滅させる・・・

どれだけの恐怖と憎しみを生み出すのか・・・

エマの言葉に、想像して絶句する仲間。

レイはソンジュやムジカも殺すのかっていう話にもなる。と付け加えます。

ハッとする仲間。

エマはこれは全部自分のワガママだと言います。

みんなを巻き込むつもりもない。ノーマンは作戦をやめたり待ったりするつもりもないって言ってた。”絶滅”以外の方法ができるかどうかもわからない。

自分が後悔しない選択をしたい。だから行ってくる!

にゃん太郎
にゃん太郎
いきなりの爆弾発言だなエマ。順をおって説明してよ~みんなびっくりするから。

エマの話を聞いていた仲間たちは口々に話し始めます。

サンディは「どれだけ憎くても・・想像もしていなかった敵の一面ってのはあるしな・・・」としぶしぶ受け入れている様子。

しかしジリアンは言います。

「でも私は鬼が嫌いよ・・・!」

「エマ達の言うことはわかるし、エマ達の友達・・ソンジュとムジカは殺したくないけど・・・」

「けど・・・!私は鬼達よりもみんなやエマが大事!」

仲間を守るためなら鬼の子供だって赤ちゃんだって私は・・・と泣き出してしまうジリアン。

そんなジリアンの気持ちに同調するように、ギルダは鬼に殺されかけたばかりなのになんで?とエマに問います。

すかさず「頭おかしいんだよ」とつっこむレイ。最初はそんな風には思えなかったと打ち明けます。

それがエマだよな。と諦めたように言うドン。

そんなドンはエマに笑いかけ、しゃーねー行って来いよ!と言ってくれました。

ギルダは信じられないと言わんばかりにドンを止めようとしますが、ドンは話を続けます。

「だってエマとレイだぜ。すげー考えて悩んでの結論なんだろ。」

「”七つの壁”のあのリスクは避けられたらと思うけど、エマの理想も嫌いじゃねぇし。」

「何より”リスクを背負っても悔いのない人生を”それが俺たちがいつだって選んできた自由だろ?」

そんなドンに「でも・・!」と心配をあらわにするギルダ。

エマが危ない目にあう必要なんてない。どうしてエマばっかり・・。

ギルダはエマにばかり危険な事をさせることに反対しているのでした。

そんなギルダにエマはごめんね・・・と謝ります。

私がそっちの道ばかり選ぶからいけない。でもこれが自分が納得できる道なんだ・・とギルダに伝えます。

そしてもう一つの意味があると言います。

それは”ノーマンに自分を殺させたくない”ということでした。

ノーマン?と不思議そうなみんな。

レイはノーマンはまた同じことをしようとしていると言います。

命を捨てようとはしていないけど、また今も私達のために心を殺して全部背負って片をつけようとしている。とエマ。

ノーマンの出荷。エマ達の脱獄。ノーマンはそれを唯一の正解・成功だと思っている。

それをエマとレイは納得していませんでした。

エマはノーマンを行かせてしまった時点で、あの脱獄は本当の成功じゃないと言います。

同じ思いを二度もしたくない。今度こそ「やってみなきゃわからん!」ってことをノーマンに証明したい。

だからワガママだけど”七つの壁”へ行ってきたい。行って可能性を確かめたい。

全てを打ち明けるエマとレイ。

そんな2人に「・・・バカ」としぶしぶ受け入れた様子のギルダ。

「絶対生きて帰ってきて。嘘でもいい約束して。」

エマはギルダに約束します。

「嘘はつかない。でも約束する。何が何でも無事帰って来る。」

エマの力強い言葉にギルダは思う存分行ってらっしゃい!と答えます。

そして月の出たその夜・・・エマとレイは”七つの壁”へ出発します。

コミ太
コミ太
エマの気持ちもわかるけど、ギルダの気持ちもわかる!エマばっかり危険な目にあうのが嫌なんだよね。
にゃん太郎
にゃん太郎
みんなもノーマンのためなら仕方がないって感じなのかな。仲間思いだね。

まとめ

みんなにも気持ちを打ち明けたエマ。

決意の固いエマの真意はノーマンの心を殺したくないということ。

仲間達に送り出され、エマとレイは”七つの壁”に向かう!

最新話の内容はこちらからどうぞ☆

【毎週更新】約束のネバーランド最新話135話のネタバレと感想!?ソンジュとムジカを探せ!”七つの壁”を探しに行ったエマとレイ。しかし、扉を開けて辿り着いたのは懐かしいハウスでした。ハウスの中は迷路のようになっていてなかなか”壁”にたどり着けません。一方、ドンとギルダはノーマンに呼び出され・・・?それでは、2019年5月27日発売の週刊少年ジャンプ26号に掲載されている約束のネバーランド135話のネタバレと感想をお届けします!...