漫画ネタバレ

彼女、お借りしますの137話のネタバレと感想!眠れない夜

▼彼女、お借りしますのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

ラストシーンの撮影前、ちづるは和也への感謝を語ります。

祖父の言葉に和也を重ねるちづる。

泣きながら撮影する和也のカメラには、美しいちづるの笑顔が映っていました。

それでは、2020年4月22日発売の週刊少年マガジン21号に掲載されている彼女、お借りします137のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

彼女、お借りします137話のあらすじ

ラストシーンの撮影を終え、部屋へと戻る2人。

それぞれの思いを胸に・・・眠りにつきます。

彼女、お借りします137話のネタバレと感想

「私、嬉しかった・・・」

ちづるに言われたお礼の言葉。

撮影を終え、ホテルの温泉に浸かる和也は、その言葉を思い返しています。

 

「水原、可愛かったな・・・」

自然と呟いてしまう和也。

 

「撮影もこれで最後・・・やっぱ〝遙か遠く〟に行っちまうのかな」

ちづるが遠い存在になる予感を、感じるのでした。

 

そんな寂しさを感じる和也ですが、自分なんかが一緒に映画を創れるだけで幸せと言い聞かせます。

さらに浮かんでくるのは・・・ちづるの過去・・。

 

祖父への思いを初めて知った和也は、懸命に頑張ってきたちづるを思い出します。

あの笑顔の裏にあった苦悩。

そのことを知った和也は、真剣な表情に変わるのでした。

 

コミ太
コミ太
ちづるちゃんの過去を知って、さらに思いが強くなったんじゃないかな?
にゃん太郎
にゃん太郎
頑張ってる姿も見てきてるしね!

 

和也がちづるへの真っ直ぐな思いを感じている時・・・。

その時、隣から音が聞こえてきます。

 

ちゃぷ・・・ちゃぷ・・・。

それは、誰かがお湯に浸かる音。

 

隣が女湯であることに気付いた和也は・・・ちづるが湯船に浸かる姿を想像しました。

「なんつー想像してんだ俺は!」

顔を赤らめて自分に突っ込む和也。

 

この後、2人きりで朝まで過ごさなければいけない・・・。

そのことを思い出し、さらに妄想を膨らませます。

 

それと同時に膨らむ、和也の下半身・・・。

和也は膨らみを手で押さえ・・・。

「ああもう・・・男やめたい・・・」

そう呟くのでした。

 

コミ太
コミ太
いい雰囲気が・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
やっぱただの変態だね!

 

お風呂で妄想を膨らませた和也。

その後、部屋へと戻ります。

 

緊張しながらドアを開けると・・・。

「・・・寝てる!」

ちづるは既に、眠っていました。

 

完全に1人相撲だったことに、なぜか安堵する和也。

布団に入ると、意外にもすぐに睡魔が襲ってきます。

 

1日中、緊張と不安で疲れていたのでしょう。

和也はちづるの姿を再び思い出しながら・・・眠りにつくのでした。

 

「ぐー・・・」

和也が寝息を立て始めた頃、起き上がったのはちづる。

 

和也の布団に背を向けていたちづるは、振り向いて和也の寝顔を見つめます

その時思い出していたのは、祖父の言葉。

「お前を支える者は、必ず現れる!」

 

その言葉に自然と重なるのは・・・和也の言葉。

「一緒に、映画創るんだよ!!」

 

強く唇を結んだちづるは・・・布団をかぶりうずくまりました。

「もう、最悪っ」

布団から顔を出し、呟くちづる。

「なんで私が・・・寝れないのよっ・・・」

まとめ

ラストシーンと撮り終え、それぞれの思いを抱える2人。

和也はいつも通りちづるへの愛と、少しのスケベ心を持っていました。

一方のちづるは・・・和也を意識してしまっているようです!

かつては何も意識していなかった和也が、今は横にいるだけで眠れない・・・。

最後の台詞は、正直可愛かったです!

▼彼女、お借りしますのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!