漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の270話のネタバレと感想!復讐の連鎖・・・

 

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

記事の掲載が決定し、うかれる小椚。

しかし、彼の記事は掲載されませんでした。

情報の発信源が有罪判決を受けた種部。

証拠写真は金で買った物。

この2点が編集長の怒りを買い、勝利したのは陽菜です。

その後、陽菜は・・・種部の元に向かうのでした。

それでは、2020年4月22日発売の週刊少年マガジン21号に掲載されているドメスティックな彼女270話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女270話のあらすじ

記事の掲載を阻止した陽菜。

企て通りにいかず、怒りを募らせた小椚は・・・!?

ドメスティックな彼女270話のネタバレと感想

1人、部屋に籠もる小椚。

記事の掲載がなくなり、ヤケ酒を飲んでいます。

 

そんな小椚の携帯には・・・キャバ嬢からメールが届いていました。

スクープ記事の掲載を自慢げに語っていた小椚。

そのお祝いに関する営業メールを見て、小椚は怒りを露わにします。

 

一方、種部の元を訪れていた陽菜。

自分が全て正しいと考えている種部は、またしても陽菜を加害者扱いします。

 

対する陽菜の口から出たのは・・・週刊誌について・・・。

記事の掲載について聞いていた種部は、笑みを浮かべ話し始めます。

 

「買ってきましたよ。今日が発売日でしたから」

種部に対し、そう話す陽菜。

 

「そうでしたね。今頃世間は祭りのように・・・」

嬉しそうに話す種部の声を遮った陽菜は・・・。

 

「載りませんよ!私たちの記事なんて」

週刊誌の巻頭ページを開き、そう話します。

 

週刊誌を見て、唖然とする種部

種部に対し、陽菜はいきさつを話し始めるのでした。

 

コミ太
コミ太
この事実を種部に伝えに来たんだね!
にゃん太郎
にゃん太郎
言わなくても良かったんじゃないかなぁ・・・また逆恨みしそう・・・

 

「おい急げ!巻頭記事の差し替えだ」

数日前、陽菜と桐谷の話を聞いて編集長は指示を出していました。

 

この瞬間、週刊誌への記事の掲載がなくなったのです。

編集長の前に座り込む小椚。そんな彼に

「小椚、お前はもう帰れ。近いうちに辞令が下るだろう」

編集長はそう言い放ちました・・・。

 

種部に、そのやり取りを話す陽菜。

伝え終わると、面会室を後にします。

 

「だが、俺の考えは正しかった!」

背を向けた陽菜に、叫ぶ種部。

「事実ならいつかバレる!俺がここを出たら、あんたたちの汚さを叫んであげますよ」

 

負け惜しみのような種部の台詞を聞いた陽菜は・・・。

「お好きにどうぞ」

哀れむような表情で、そう言い残して去って行くのでした。

 

陽菜の表情に、激昂する種部。

「なんだその表情は!見下してんのか!!」

そう叫び、看守に止められるのでした。

 

種部との面会を終えた陽菜は、その足でラマンに向かいます。

「・・・というわけで、なんとか収めることができました」

マスターにそう告げる陽菜。

 

面会中、毅然とした態度を貫いた陽菜ですが、震えを抑えることに必死だったようです。

「このお守りも一緒だったから」

勇気を持てた理由を、そう語る陽菜が取り出したのは・・・指輪。

 

その指輪は、夏生が将来結婚しよう、と送った物でした。

「結婚は叶わなかったけど、私のお守りには変わりないんだ」

そう語る陽菜を、マスターは優しく見つめます。

 

記事の掲載を阻止し、改めて安堵する2人。

「でも・・・でもねマスター・・・こんなことがあっても私・・・あの時のこと・・・」

陽菜がそう語り始めた瞬間、携帯が音を立てました。

 

陽菜の携帯には、瑠衣から食事の誘いが届いています。

種部や週刊誌のことを、夏生と瑠衣には一切話していない陽菜。

 

「やった!デートの誘い!」

瑠衣からの連絡に喜びの声を上げます。

陽菜は瑠衣と合流するため、店を後にするのでした。

 

コミ太
コミ太
何事もなく終わって良かったね!
にゃん太郎
にゃん太郎
陽菜ちゃんの頑張りで、いつもの日常が守られたんだ

 

「ごめんねナツオくん」

店を出て指輪を見つめる陽菜は、自分の気持ちを再確認します。

「こんなことがあっても、どうしても後悔することができないの。
あなたを好きになったこと・・・」

陽菜は夏生を心から思い続けているのでした。

 

夏生への気持ちもあり、瑠衣への愛もある・・・。

そんな気持ちを抱えながら、陽菜は瑠衣と合流。

これから行くお店の話をする瑠衣を、愛おしげに見つめています。

 

その時・・・。

「ルイ!危ない!!」

陽菜はそう叫び、瑠衣を突き飛ばしました。

 

キキ-・・・ドンッ!!ガシャン・・・・・・。

大きな音を立て、突っ込んできた車。

その運転席にいるのは・・・小椚です。

 

立ち上がった瑠衣が駆け寄ると、陽菜は頭から血を流して倒れていました・・・。

まとめ

種部への報告も終え、全ては丸く収まった・・・。

そう思われた次の瞬間、事態は急変しました。

陽菜に恨みを募らせた小椚が、復讐にやって来たのです。

陽菜をひいた後、店のガラスを突き破った小椚の車。

血を流す陽菜の運命は・・・。

次回、とんでもない展開が待っているかもしれません。

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!