漫画ネタバレ

パーフェクトワールド第51話のネタバレと感想!育休取るのはどちら?

▼パーフェクトワールドのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでKiss(EKiss)を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってKiss(EKiss)電子版が無料で読めますよ♪

特別養子縁組で『育ての親』になる決心をしたつぐみと樹。

子どもをいつでも迎えることができるよう仕事の調整を考えているつぐみに、念願のキャリアップの話がきてしまい…?

それでは、2020年2月25日発売のKiss(EKiss)4月号に掲載されているパーフェクトワールド第51話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

パーフェクトワールド第51話のあらすじ

養親になるため、面談や研修をこなしているつぐみと樹。

つぐみは、養親になる方を優先し、自分にきた仕事のオファーを断ってしまいます。

一方樹は、偶然会ったナベさんからつぐみの仕事の話を聞き、つぐみに仕事を続けてほしいと思います。

そして、自分が育休を取って主たる養育者になれないかと提案するのですが…?

パーフェクトワールド第51話のネタバレと感想

育休を取れるよう仕事を調整しようとしていたつぐみでしたが、キャリアップになる仕事のオファーがきました。

悩んだつぐみでしたが、そのオファーを断ることにします。

その理由として、特別養子縁組のことや育休のことを伝えました。

職場の上司はその事情を納得してくれましたが、やりたい気持ちがあるなら、別の方法はないか、もう少し考えてみるよう勧められます。

そんななか、つぐみと樹は、特別養子縁組の『養親』として登録するために、いくつもの研
修を受けています。

相談員による家庭訪問や面談、育児研修などいろいろあるのですが、すべては迎えた子どもと家族になるための準備です。

コミ子
コミ子
妊娠・出産では、約10か月間かけて親子のつながりができあがっていくものね。
にゃん太郎
にゃん太郎
養子だとその過程がないから、子どもを迎える準備をしながら時間を重ねていくんだって。

ある日の昼、樹は昼食ついでに本屋に出かけました。

育児書コーナーを見つけ恥ずかしながらも1冊の本に手を伸ばすと、反対からも伸びてきた手が…

なんとナベさんです。

2人は一緒に昼食を食べながら、話は特別養子縁組のことになりました。

つぐみが育休を取ることに「そういうわけだったか」と納得するナベさん。

その様子を不思議に思った樹は、そこで初めてつぐみにきていた仕事について知ります。

そして、育児研修のときに、自分が育休を取って育児に専念するのもアリなのか質問するのです。

相談員の答えは、体の不自由な人には相当な負担がかかるのではないかという不安と赤ちゃんの安全を守る環境が整っているかどうかについても、改めて見直す必要があるとのことでした。

コミ子
コミ子
主たる養育者につぐみがなる場合と樹がなる場合とでは、きっと審査の基準が変わってくるんだろうね~
にゃん太郎
にゃん太郎
周りにサポートを頼める人がいるかどうかでも変わってくるみたいよ

樹は、自分の車イスを理由に、つぐみが育児の負担を負うことに違和感を感じています。

つぐみにきた大きなチャンスを逃してほしくないし、樹の仕事はひと段落を迎える頃なので、自分が主たる養育者になるのがベストだと考えているのです。

2人の希望は叶えられるのでしょうか…?

まとめ

つぐみと樹は、面談や研修を重ね、やっと養親登録の段階にまできました。

また、樹がつぐみのキャリアアップを後押ししたい気持ちもよくわかります。

養親になることとつぐみの仕事、うまく両立させるよい方法は何かないのでしょうか…

次号の内容が気になります!

▼パーフェクトワールドのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでKiss(EKiss)を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!