漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の269話のネタバレと感想!勝負の行方・・・!?

 

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

小椚の悪意を知った陽菜。

単身で小椚の元に乗り込みますが、背後にいる種部の存在に恐怖します。

しかし、愛する夏生の為・・・陽菜は戦うことを決めるのでした。

それでは、2020年4月15日発売の週刊少年マガジン20号に掲載されているドメスティックな彼女269話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女269話のあらすじ

週刊誌の掲載が決まり、上機嫌の小椚。

それを阻止しようと、動き出す陽菜。

その結末は・・・!?

ドメスティックな彼女269話のネタバレと感想

「でかしたぞ小椚・・・次号、巻頭ぶち抜きだ!

小椚の持ってきた証拠写真を見て、そう話すのは〝週刊ゲンザイ〟の編集長。

確証のある記事を書くと豪語する小椚は、嬉しそうに笑うのでした。

 

一方、陽菜が勤め夏生が通っていた赤森高校では・・・。

「橘先生の写真が流出している・・・?」

当時、陽菜が担任をしていた学年主任の先生がそう呟きます。

 

その先生に、流出の事実を伝えたのは桐谷。

桐谷は、週刊誌の記者が写真を持っていたことを話したのです。

 

当時の学年主任は、鍵のかかった引き出しにその写真を保管していました。

焦って保管場所を見直すと・・・。

「ない・・・!」

確認した先生はそう呟きます。

 

「皆さん、最近校内で不審な人物を見かけませんでしたでしょうか?」

職員打ち合わせの際、当時の学年主任がそう話します。

 

ざわつく職員室。

「私のデスクから、重要なものが盗まれました」

その言葉を聞き、室内は静まりかえります。

 

「出てこない場合警察への届け出も検討しています」

写真を盗んだのは、小椚から金銭を受け取った新任教師。

新任教師は、〝警察への届け出〟という言葉に焦りの表情を浮かべました。

 

コミ太
コミ太
桐谷先生が動いてくれたね!
にゃん太郎
にゃん太郎
これで週刊誌の掲載を止められるのかな?

 

「ほら来たぞ!飲め飲めー!」

嬉しそうに話すのは小椚。

小椚は今、キャバクラに来ているのです。

 

週刊誌への巻頭記事が決まり、羽振りが良くなった小椚の酒はどんどん進みます。

キャバ嬢に記事の事を自慢げに話し、翌日は13万の新しいカメラまで購入していました。

 

新品のカメラを手に入れ、上機嫌の小椚が会社に戻ると・・・。

「小椚、デスクが探してたぞ。記事の事で話があるって」

社員の1人が、そう声をかけてきます。

 

声をかけられ、編集長の席に向かう小椚。

そこに待っていたのは・・・陽菜と桐谷でした。

 

「お前、この情報の出所どこだ?」

編集長は強い口調で話します。

 

その問に、信用できるスジからの情報だと小椚が話した瞬間。

「なんで隠すんです?ストーカー刺傷事件の犯人からのリークですよね?」

陽菜が言葉を遮り、そう話しました。

 

その事実を陽菜から聞き、怒り狂う編集長。

「どこが〝信頼できるスジ〟だ!奴の喋ることに信憑性なんてあるわけねーだろ!」

そう怒鳴ります。

 

種部は裁判で虚偽の発言を繰り返し、容疑を否認しながらも実刑判決を受けています。

そんな容疑者からの情報など、信じられないと話す編集長。

「いや、でも今回のは証拠写真だって・・・」

 

反論しようとした小椚の言葉を遮り、編集長はさらに怒りを強めます。

「この写真はもっと酷い・・・お前これ、金で買ったんだってな」

 

打ち合わせの後、新任教師は写真を渡した事実を白状していました。

そこで、金銭の受け渡しがあったことも・・・。

 

「うちじゃ完全にタブーだ・・・金目当てに証拠偽装するやつが出てくる!
何年もこの世界にいてそんなこともわかんねーのか!」

 

呆然とする小椚を、陽菜はまだ攻めます。

小椚との会話を録音していた陽菜は、小椚が写真と引き替えに1千万を要求した事実を明かしたのです。

もし記事を掲載した場合、音声を公開し訴訟を起こすと言う陽菜。

 

陽菜の言葉を聞いた小椚は、逆上し始めました。

「淫行教師がうるせーよ・・・この写真見せたとき焦ってたじゃねーか!それが証拠だろ!
大体、やましいことがあったから不自然な異動になってんだろ!?」

 

小椚の激しい言葉にも、陽菜は一切動じません。

「焦っていたのではなく、初めて見る写真に驚いていただけです」

その時の音声も流し、そう話す陽菜。

 

異動になったのは教師に向いていないと思い悩んだから・・・。

その証拠に今は離職している。

陽菜はそう話すと・・・。

「誓って義弟とはあなたが考えているような・・・
卑猥で下品でいかがわしいことなど、一切していません!

強い口調で言い放ちました。

 

その言葉を聞いた小椚は、その場に崩れ落ちます。

 

コミ太
コミ太
2人の関係は、小椚が思うような関係じゃないってことだね
にゃん太郎
にゃん太郎
純愛ってことか!

 

「どうも」

刑務所の面会席に座り、そう呟くのは種部。

「まさかあなたから会いに来るとはね・・・陽菜さん」

種部の前に姿を表したのは、陽菜でした!!

まとめ

週刊誌の掲載が決まり、浮かれまくる小椚。

そんな彼を、陽菜は完全に論破しました。

多少、嘘が入っているのは気になりますが、掲載を防げて良かったですね!

種部への恐怖を忘れられていない陽菜。

どれでも、種部の前に姿を現したのは夏生のためです。

次回、種部の心を変えることが出来るのでしょうか?

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!