漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の268話のネタバレと感想!戦う意志!!

 

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

証拠写真を手に入れ、さらに調査を進める小椚。

遂には夏生と瑠衣の関係にまで辿り着くのでした。

それでは、2020年4月8日発売の週刊少年マガジン19号に掲載されているドメスティックな彼女268話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女268話のあらすじ

夏生のことを追う記者の小椚。

そのことを知る陽菜ですが、夏生にそのことを秘密にします。

その代わり・・・自分が戦うことを決めるのでした!

ドメスティックな彼女268話のネタバレと感想

いつも通りの日常を過ごす夏生は、洗面所で歯磨きをしています。

そんな夏生に話しかける陽菜。

 

夏生がメディアで取り上げられていることで、今や有名人だと話します。

「たまにあるじゃない。上げて落とすみたいな」

有名になるリスクを語った陽菜。

 

「今が1番大事な時期だろうから、心配で・・・」

夏生に小椚のことを悟られないよう、注意喚起をするのでした。

 

「分かった、気をつける・・・」

陽菜の言葉を不思議に感じながらも、夏生はそう答えます。

 

「あーもー、どっからバレたんだろう」

その日の夜、陽菜はラマンを訪れ、そう叫びます。

夏生との過去の関係がバレたことに疑問を感じるとともに、頭をか抱える陽菜。

2人を不安にさせることを恐れ、マスターにはこのことを秘密にするよう頼みました。

 

「じゃあ、秘密裏に処理してくってことね」

陽菜の言葉を聞き、そう言って鞭を取り出すマスター。

元ヤクザのマスターは、それを実行する力があります。

 

「ありがと。でもこれは私がまいた種だからさ、責任持って私が何とかしなきゃ

そう言って、陽菜は強い意志を示すのでした。

 

コミ太
コミ太
1人で何とかできるのかな?
にゃん太郎
にゃん太郎
種部も関わっているし、心配だね・・・

 

その日、会社にいた小椚に来客があります。

その人物は・・・陽菜!

行動を起こした陽菜は、直接小椚を訪ねたのです。

 

突然の訪問に驚く小椚。

陽菜と会話をするため、近くの喫茶店へと移動しました。

 

移動後、口を開いた陽菜は虚偽の発言での取材のことを問い詰めます。

「別に、嘘はついていませんよ」

陽菜の言葉に、開き直る小椚。

夏生の特集記事を組むのは、スクープでも同じだと言い切ります。

 

それでも怯まない陽菜は・・・。

「今嗅ぎ回っている情報が世に出た場合、あなたがしたことは名誉毀損にあたりますよ。

そう言って、小椚を攻めました。

 

陽菜の言葉に動揺するかに思えた小椚ですが・・・ニヤリと笑います。

名誉毀損となるのは、その情報が誤りだった場合。

それを知っている小椚は、1枚の写真を陽菜に突き付けます。

それは、陽菜と夏生がキスをする写真・・・。

 

「僕はただ、真実を白日の下に晒そうとしてるだけですよ」

勝ち誇った表情で話す小椚。

 

決定的な証拠を見せられた陽菜は、どこからの情報化を問いただします。

そんなことは気にも止めない小椚は言葉を続け・・・。

「これ以外にもありますよ〝藤井夏生は過ちを共にした義姉ではなく義妹と結婚〟

そんな、衝撃の見出しを口にします。

 

「恥ずかしくないんですか、人の幸せを砕くようなことして!」

小椚の態度に怒りをあらわにする陽菜。

 

「〝恥ずかしい〟どの口が言ってるんです」

陽菜に対し言い返す小椚は、自身が未成年と過ちを犯したことがそもそもの原因。

恥ずかしい行為をしたのは、陽菜の方だと言い切るのでした。

 

コミ太
コミ太
ほんとイヤな奴!
にゃん太郎
にゃん太郎
全否定できないのがさらにむかつくね!!

 

言い返すことの出来ない陽菜を見て、さらに攻め続ける小椚。

人を陥れているのは、陽菜も同じだと言い始めます。

「1人の男の人生を潰したじゃないですか」

 

小椚が放ったその一言で、陽菜は全て察した陽菜。

「そんなことを主張するのはただ1人・・・種部さんですね?

 

種部が裏で糸を引いていると話す陽菜に、焦り始める小椚。

陽菜の追求を恐れた小椚は、すぐにその場を後にします。

残された陽菜は・・・冷や汗を流し、体を震わせるのでした。

 

コミ太
コミ太
刺されそうになったんだし・・・トラウマだよね
にゃん太郎
にゃん太郎
恐怖しかない・・・

 

その日、家に帰った陽菜は夏生の部屋を訪れます。

自分の机で小説を書いていた夏生。

夏生にコーヒーを渡す陽菜は、書いているところを見たいと言います。

 

「大丈夫、構わないよ」

夏生がそう答えると、陽菜は夏生の背中を見つめ始めます。

そうしながら、今までの夏生との思い出を振り返る陽菜。

 

次の瞬間・・・後ろから夏生を抱きしめました。

「頑張るんだよ?自分の信じた道をまっすぐ歩いて行けばいいからね」

戸惑う夏生に、優しく話しかける陽菜。

 

その後、夏生の部屋を後にした陽菜は桐谷に電話をかけます。

情報提供をしてくれた桐谷にお礼を言った陽菜は・・・。

「私、戦いますから」

強い意志を持って、そう話しました。

まとめ

夏生と瑠衣に心配をかけまいと行動する陽菜。

陽菜にも責任があるとはいえ、辛い経験をしてきた夏生と瑠衣を不幸にはしたくありません。

陽菜も苦しい時期があったのは確かです。

小椚、そして種べをどうやって止めるのでしょうか・・・?

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!