漫画ネタバレ

キングダム595話のネタバレと感想!飛信隊副歩兵長

趙峩龍軍「土雀」に包囲され絶対絶命の危機にある飛信隊。その窮地を脱するべく、羌瘣が囮となり敵戦力を削る捨て身の策に出ましたが…

それでは、2019年4月4日発売のヤングジャンプ18号に掲載されているキングダム595話のネタバレと感想をお届けします!

U-NEXTで今すぐ「キングダム」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!

←前話 全話一覧 次話→

キングダム595話のあらすじ

敵部隊のど真ん中を駆け抜ける羌瘣。

それに連動するように敵を圧倒する飛信隊騎馬隊。

しかし遂に、趙峩龍軍「土雀」右隊長徐肖が羌瘣の背後をとり、攻撃をしかけ…

キングダム595話のネタバレと感想

徐肖が羌瘣の背後に槍を突き刺そうとしましたが、羌瘣はさらりと攻撃を受け流し、徐肖の頭を切り裂いきました。

前回の雰囲気から、徐肖はある程度の猛攻を繰り出し、羌瘣に食い下がるかと思っていたのですが、羌瘣の巫舞の前にあっさりとやられてしまいます。

コミ太
コミ太
はやっ!

しかし羌瘣も限界が近づいており、地に落ちてしまいますが、再び駆け上がり敵を圧倒します。それを見るや飛信隊の騎馬隊も羌瘣の働きを無駄にしまいと敵部隊を斬りまくりました!

そして場面は趙峩龍軍本陣にかわります。趙峩龍の側近たちは土雀が破れてしまうのではないかと恐れていました。側近たちは、趙峩龍に飛信隊が包囲を抜ける前に退避することを進言します。

趙峩龍は黙り尽し、かつての主藺相如の言葉を思い出していました。

趙峩龍と尭雲の二人は現代の秦の暴挙を止めるために出陣したのに、なぜ自分達が劣勢になっているのか疑問に感じています。かつての主藺相如は違う意図で2人をこの戦場に導いたのかもしれぬと予想し、本陣を捨て退避しました。

にゃん太郎
にゃん太郎
あの完全包囲状態から劣勢になるとは思わなかっただろうね

そして再び飛信隊対趙峩龍軍「土雀」の戦場に場面にかわります。

ボロボロになる飛信隊たちの足元には無数の趙峩龍軍の屍。なんと飛信隊が勝利していました。

信は慌てて羌瘣を探そうとすると、田有が羌瘣を抱きかかえ現れます。すでに羌瘣は気を失っており、危険な状態ですが、田有も重症を負っています。

どうやら羌瘣が気を失う直前から、田有が羌瘣を庇っていたようです。ここで我呂が趙峩龍の姿がないことに気づきます。

飛信隊隊士たちは趙峩龍を打ち損じたことを悔やみました。

副長楚水としては趙峩龍軍の主力「土雀」を殲滅できたことは、この戦場の勝敗を決するほどの戦果であると説明しましたが、趙峩龍は、後方の森のどこかに本陣築き、立て直しを図るのではないかと懸念します。

趙峩龍を討つため信が直接向かおうとしますが、那貴が引き止めました。

那貴は捜索には少数が好ましく、「逃げ」と「隠れ」の専門家である自分たちが趙峩龍の居場所を突き止めることを信に進言します。

その間に飛信隊の負傷者たちは傷の手当てをしようとしますが、後方の歩兵団から伝者がきます。歩兵長崇原が信に歩兵団に来るようにとの伝令でした。

後方の歩兵団では、瀕死状態の松左が崇原に抱き抱えられていました。干斗は自分達を助けに来たせいで、松左が負傷したことを何度も謝罪します。そんな干斗を見て、松左は語りかけます。

「うざいな、お前は、本当に…、干斗、それより俺の槍…、お前にやる。」

自分の槍を干斗に託そうとする松左ですが、恐れ多いのか断ろうとする干斗。

しかし崇原に「干斗、そこは違うだろ」と指摘され、松左の槍を受け取ります。

少しスケールは違いますが、信が王騎から矛を受け継いだシーンを思い出させてくれる場面でした。

松左は最後の力を絞り、崇原と語ります。

「たのしかったな…。飛信隊は本当に最高だ。ちょっとばかし先にいくが、隊を…、信を…頼んだぞ。」

震えながらも「任せておけ!」と答えますが、今にも息をひきとりそうな松左を見つめ、まだ信が来ないことを叫ぶ崇原。

そこに馬に乗った信が現れた途端、瀕死の松左が急に立ち上がり信のもとへ向かいます。「信……ありがとな。」という言葉を残し、信の胸の中で息をひきとりました…。

コミ太
コミ太
この信と松左が抱き合うシーン、泣きそう…
にゃん太郎
にゃん太郎
信もボロボロなのによくこんな後方まで駆け付けたね…

まとめ

土雀の左隊長・徐林と右隊長・徐肖の二人は結局、信と羌瘣の前にあっさり倒され、羌瘣の策のおかげで土雀を殲滅できました。

そして以前から重症を負っていた松左がついに力尽きました。今回ほどの大戦なら飛信隊の主要メンバーからも犠牲者がでるのではないかと予想されていましたが、松左とは意外でしたね。

暑苦しい飛信隊の中でも冷静なサポートキャラだったので、飛信隊にとってはこれ以上ない痛手のはずです。

趙峩龍もこのまま黙っているとは思えませんが、主力の土雀を失った現状、尭雲軍、馬南慈軍と合流して立て直しを図るのではないかと思っています。

王賁と亜光の容体も気になりますし、ますます秦軍右翼の戦場から目が離せません。

次号の内容が気になります!

U-NEXTで今すぐ「キングダム」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!