漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女225話のネタバレと感想!拉致された夏生と海咲!どうなる?

夏生の説得により自首することを決意した海咲。

しかしその最中突然怪しい男たちに拉致されてしまい・・・

それでは、2019年3月27日発売の週刊少年マガジン17号に掲載されているドメスティックな彼女225話のネタバレと感想をお届けします!

→前話(224話)の内容を思い出したい方はこちらからどうぞ

U-NEXTで今すぐ「ドメスティックな彼女」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!

ドメスティックな彼女225話のあらすじ

拉致された夏生と海咲。

車内では海咲のもとに現れた男らしき人物が誰かに電話をかけていて・・・

ドメスティックな彼女225話のネタバレと感想

「こいつらの部屋わかるよな。じゃあその鍵使って入って。あー ぜってーあるはずだから。ヨロシクー」

手足を縛られ口にはテープ。頭にビニール袋を被せられている夏生と海咲。

夏生は何とかして誰かに連絡を取ろうと、ポケットのスマホにどうにかして指を届かせようとします。

「頼む誰か・・・誰かに繋がってくれ・・・!」

そんな中、陽菜は海咲に仕事を紹介しようと夏生のアパートに向かっていました。

そこへ夏生からの着信が。もしもし?と電話に出ますが夏生は喋りません。

ゴォォォ・・ガサガサ・・・

雑音がします。

「おい 高速の乗り口あっちだろ」
「あ やべ」
「袋 張り付いてねーよな 窒息すんぞ」
「大丈夫 下の方開けてっから」

ブツッ ツー ツー ツー・・・

ただならぬ雰囲気に陽菜は走り出します。

そうこうしているうちに夏生たちは人気のない廃工場のような所へ連れてこられていました。

「カイさん着いてる?呼んで来い」

拉致した男は誰かと待ち合わせをしているようです。

夏生はどうする気だ?あんたたちのことも知らないしこんなんされる理由も全然わからないと男に聞きます。

すると男は海咲に聞けよと言います。

海咲は首をぶんぶん振って「知らない!あたし何も!」と反論。

そこへいかにも悪そうな刺青の男が登場。どうやらさっき呼んでいた”カイさん”らしい。

「ははぁ知らない?図々しいねー。その悪い頭でごまかしきれると思ったのかな?残念こっちはもう目星ついてんだわ。」

コミ太
コミ太
またヤバそうなのが出てきたぞ・・薬物関係の元締めか?

その頃陽菜は警察へ。事情を説明するも雑音と話し声が聞こえただけなんでしょ?と相手にしてもらえません。

絶対ただ事じゃないんです!ビニールとか窒息とか言ってたし。と訴える陽菜。

しかしそれの録音した音源とか何かしらの証拠がないと動けない。と取り合ってはもらえませんでした。

マスターに電話をするも繋がらない。どうしたらいいかわからない陽菜。

「私が守っていくって決めたのに・・・」

涙が出てきますが「絶対諦めない!!」とまた走り出す陽菜。

「待っててナツオくん。私が助け出してあげるから!!」

その頃廃工場では怪しい男”カイさん”が倒れている海咲の髪を引っ張り脅しています。

「どこにある?今までチョロまかしてたクスリ。どこに隠した?」

盗ってない・・と海咲は言いますが、もう調べはついていると言われます。

どうやら海咲が関わっていたルートのアガリがクスリを流した量と差があるよう。額にして300万。

関係者全員に聞き取りしたところ、ちょうど海咲のところで減っていることがわかった。自分で買う量も増えてたし決まりだと。

「お前はこのまま店にぶち込んで身体で稼いでもらうわ。もちろんカレシも連帯責任。とりあえずコマとして働かして・・・」

と夏生にも責任をおわせようとする男に海咲は

「そんなことやってない!!!」

と反論します。

「あたしのとこで消えてるなんて嘘だ!他のヤツが嘘ついてる!あたしは何も隠し持ってない!」

ヤク中の言うことなんて・・・と相手にしようとしない男に夏生は

「そいつの話は本当だ」と弁護。

海咲が持っていたのはせいぜい2・3回程度で隠し持っていない。持ってた分は捨てたと言います。

それに海咲がクスリに頼らなきゃいけない自分に苦しんでたこと、変わろうとしたことを伝え

「全部やめて出直すと自分で決めた!」と言い張ります。

そんな夏生の熱弁も虚しく男は笑い飛ばします。

「そんな簡単にやめれるわけねーじゃん。バカなの?」

”カイさん”は海咲の言葉なんて全く信用していないのでした。

その頃陽菜は手がかりを探しに夏生のアパートへ。

部屋の明かりがついているのを見てホッとしたのもつかの間、玄関のドアが少し開いています。

おそるおそる除くと部屋を物色する怪しい男が!!

やっぱり夏生に何かあったんだ!とその場をゆっくり立ち去ろうとする陽菜。

そこへ後ろから誰かが陽菜の肩をぽんっとたたき・・・

にゃん太郎
にゃん太郎
誰ぇーーー!?まだ仲間がいたの!?陽菜まで危ない!

廃工場では男が夏生を蹴り飛ばしています。

「カッコイーじゃんカレシー」

倒れている夏生の頭に足を乗せ、話を続けます。

「こいつは止めようとしてたから無実だ!って?わかってねーなー」

「ヤク中ってさ、ヤクのためならその場凌ぎの嘘なんて簡単につくんだよ。」

さらに夏生を蹴り続けます。そして海咲の話は全部嘘だ!と言い続けます。

そこで海咲は「ウソじゃない!!」と叫びます。

「確かにあたしはずっと逃げ続けて何もかも負けてた。でもその人は言ってくれたの」

「こんなあたしでも生きられる明日があるって・・・!」

本気の海咲を見て男は「へぇ・・じゃあマジで始末しないとな?」とポケットから銃をのぞかせます。

海咲が本気で抜ける気で警察に情報を流されたらヤバイ。せっかくヤクザから市場を奪ってここまできたのにお前ごときに足引っ張られてたまるかと。

「知ってる?日本の年間行方不明者数。 8まんにん」

そう言いながら男はまず夏生に銃を向けます。

やめてお願い!と止める海咲を無視して遺書作っといてやるからと夏生を撃とうとします。

「安全装置がかかったままだけどいいの?」

「慣れないおもちゃは使わないほうが身のためねぇ」

誰だ!?と言わんばかりに入り口を振り返る男。

「ハァイ おまたー」

そこには喫茶ラマンのマスターが!!

にゃん太郎
にゃん太郎
マスター!!救世主登場!

まとめ

色んな事件にまきこまれる夏生ですが今度は拉致されて、しかも銃を突きつけられるなんて!

今度こそピンチ!というところへマスター登場!(陽菜もこっそりいるけど)

助けてくれマスター!

最新話の内容はこちらからどうぞ☆

【毎週更新】ドメスティックな彼女の最新話276話のネタバレと感想!作家、藤井夏生・・・待望の新作恋愛小説。目覚めた陽菜。そこから時は流れ、今日は結婚式の当日です。どのような完結が待っているのでしょうか!?2020年6月10日発売の週刊少年マガジン28号に掲載されているドメスティックな彼女276話のネタバレと感想をお届けします!...