漫画ネタバレ

東京卍リベンジャーズの150話のネタバレと感想!この度こそ、心折れる・・・!?

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

稀咲に利用されてでも、マイキーを闇落ちささると考えるイザナ。

実の妹であるエマにまで手を出し・・・エマはこの世を去りました。

それを見つめるドラケンは・・・ショックを隠し切れません。

2020年3月18日発売の週刊少年マガジン16号に掲載されている東京卍リベンジャーズ150話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

東京卍リベンジャーズ150話のあらすじ

エマの死を受け入れられないドラケン。

ドラケンが怒りを向けたのは・・・マイキーだったのです。

東京卍リベンジャーズ150話のネタバレと感想

亡くなったエマを見つめるドラケン。

しばらくすると、ドラケンはエマのいる部屋から出てきます。

その様子を見て、声をかける武道。

しかし、ドラケンは武道の声には答えませんでした。

「マイキー・・・・・・・」

ドラケンが呼んだのは、マイキー。

「ちょっとツラ貸せや」

ドラケンはそう言って、マイキーを外へと呼び出したのです。

「何が起きた?」

病院の外に出ると、マイキーにドラケンが尋ねます。

黙っていて、何も答えないマイキー。

すると、ドラケンがマイキーを殴りました。

マイキーがついていながら、エマは死んだ・・・。

そのことに、ドラケンの怒りは膨れ上がっていきます。
「何やってんだよ!?テメェはよぉぉ!!」

怒りの表情を浮かべるドラケンは、マイキーにそう叫びます。

「オレのせいです!!」

2人のやり取りを見て、声を上げたのは武道。

叫びながら、ドラケンに土下座を始めました。

1番近くにいた自分がエマを守れなかった・・・。

「マイキー君のせいじゃない!!」

武道は必死に叫びます。

「ドラケン君!!攻めるならオレなんです!!マイキー君を殴るのは筋違いっスよ!!」

しかし・・・ドラケンは再びマイキーを殴ります。

自分の声が全く届いていないこと。

状況が変わらないことに、絶望する武道。

「みんなを守るために、東卍を創ったんじゃねぇのかよ!!?」

そう言って、ドラケンはマイキーを殴り続けるのでした。

コミ太
コミ太
何に怒りをぶつけていいのか分からないんだね・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
悪いのは稀咲やイザナなのに・・・

「やめてくださいよ!!!」

ドラケンの背中にしがみつき、止めようとする武道。

しかし、ドラケンの怒りは膨らんでいきます。

仲間を守るための東卍でしたが、パーちんは傷害罪で逮捕

場地は死に、一虎も殺人罪で逮捕

今まで起こった出来事に、ドラケンは怒りを抑えきれません。

「どけっ」

そう叫び、しがみついている武道を殴り飛ばすドラケン。

「エマまでっ」

叫びながらマイキーを殴り続けます。

全く抵抗しないマイキーは、遂に地面に倒れてしましました。

そんなマイキーを見下ろし・・・。

「エマまで・・・・・・っ」

そう呟いて涙を流すドラケン

「しっかりしてよドラケン君・・・ドラケン君なら・・・乗り越えて、受け入れられますよ・・

そう声をかけた武道ですが、その時あることに気付きます。

〝受け入れられる〟

自信が放ったその言葉で、思い浮かんだのはヒナの顔・・・。

現代で何度もヒナを失った武道。

それを考えると・・・。

「受け入れられるワケ・・・ないじゃん」

自分と違って、マイキーとドラケンは過去には戻れない。

何もかも失ったマイキーは、闇落ちするしかなかった。

武道はその瞬間、現代のマイキーが闇に落ちた理由を悟りました。

「終わった・・・もうあの現代は・・・変えられない・・・」

武道は力なく、敗北を受け入れるのでした。

 

まとめ

失意のドラケンが怒りを向けたのは、マイキーでした。

皆を守るために創ったはずの東卍ですが、東卍の存在によってエマは死にました。

2人のやり取りを見て、絶望する武道。

総長に副総長、壱番隊隊長が心折られた東卍。

東卍は立ち上がることができるのでしょうか・・・!?

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!