漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の265話のネタバレと感想!動き出した〝あの人〟

 

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

ラジオやテレビでも取り上げられ、時の人となった夏生。

そんな夏生にスクープ系週刊誌の記者が、狙いを定めます・・・!!。

それでは、2020年3月11日発売の週刊少年マガジン15号に掲載されているドメスティックな彼女265話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女265話のあらすじ

さえない人生を送る1人の記者。

記者は夏生に狙いを定めますが、夏生はただの大学生です。

そんな記者の元に、1通の手紙が届きました。

ドメスティックな彼女265話のネタバレと感想

雑誌に取り上げられた夏生の特集記事。

記事を眺めながら、男はため息をつきました。

彼の名前は小椚。

小椚は20歳の夏生の活躍を見て、夏生の人生をイージーモードだと感じます。

そんな小椚が上司に呼ばれ席を立つと・・・。

渡されたのは大量の書類。

それは、小椚が提案した企画書でした。

「くっそ・・・また全ボツかよ」

そう思いながら頭をかく小椚。

彼は勤務中にもかかわらず、トイレに隠れて携帯ゲームを始めます。

すると・・・。

「何つったっけあいつ・・・小椚?」

そう話す上司の声が聞こえてきました。

小椚の話をする2人は、企画のダメだしを始めます。

かつて大臣の不倫をたまたまスクープしたことがある小椚ですが、そこからは目立った活躍がない・・・。

「正直フリー記者であんだけ仕事できねーと、来年は雇い止めじゃねーか?

2人の会話を隠れて聞いている小椚は・・・悔しさで歯を食いしばります。

「ああはなりたくねぇよなぁ」

上司はそう言い残し、トイレから出て行きました。

 

コミ太
コミ太
ダメ人間だ・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
この人が邪魔してくるのかな?

バカにされた悔しさで、芸能人を張り込む小椚。

しかし、ターゲットは自宅へ直行するまじめな性格です。

「現場から直帰かよ・・・不倫でもしろっつーの」

そう呟き、小椚は仕事を終えます。

その後、大学の同級生と飲み屋を訪れますが、同級生の昇進に嫉妬。

他の記者のスクープ記事を自分のものだと偽り、飲み会の後はパチンコ屋に向かいます。

ゴミ屋敷のように物が散乱した自宅に帰り、横になった小椚。

携帯を取りだして見ているのは・・・夏生の記事。

「ちっと、探り入れてみるか・・・」

小椚はそう呟きました。

コミ太
コミ太
夏生をスクープするなら、やっぱり陽菜ちゃんとの関係かな?
にゃん太郎
にゃん太郎
兄妹愛って記事もあるかも・・・

「遅くなってごめん」

そう言って夏生が差し出したのはネックレス。

瑠衣の壊れたネックレスの修理が終わったのです。

ネックレスをつけた瑠衣は、ある物を取り出しました。

「婚姻届・・・」

そう呟く夏生。

瑠衣は婚姻届を取り出し、夏生に渡したのです。

それを見た夏生を深呼吸を始め・・・。

「なんか・・・気が引き締まるなと思って」

嬉しそうな顔で、そう話すのでした。

2人がそんなやり取りをしていると、母が帰ってきます。

帰ってくるなり、大量のパンフレットを取り出す母。

「都内の式場のパンフレット貰ってきたわ、2人で選んで」

母は2人のために、式場を見てきてくれたのです。

パンフレットを手に取った夏生は、その金額を見て驚愕しました。

「さささ300万!?」

金額を見て式は挙げなくていいと話す夏生と瑠衣。

しかし・・・。

「ダメよ、結婚式はケジメなの!心配しなくても式の費用くらい出してあげるわ

母はそう言い切ります。

母の言葉に、恐縮する夏生。

すると、瑠衣がある提案をします。

「レストランウエディングみたいなのはどう?」

日本に帰ってきた瑠衣は実の父と連絡を取っており、新店舗での披露宴を提案されていたのです。

「いーじゃない!ステキじゃない、それ!!」

声を上げて賛成する母。

夏生も料理は間違いないと喜びます。

乗ってきた母は、披露宴はレストラン。式場は別の場所で提案し始めるのでした。

翌日。夏生はいつも通り大学に向かい授業を受けます。

そんな夏生を追うのは・・・小椚。

演劇サークルや蔦谷たち編集者との打ち合わせ。

その後、夏生は自宅へと戻りました。

「なんだよクソ・・・完全にただの大学生じゃねーか」

夏生の様子を1日見ていた小椚はそう呟き、追うことをやめるのでした。

会社に戻った小椚は、夏生が空振りだったことを話しデスクに戻ります。

すると、小椚の机に1通の手紙が・・・。

差出人も宛名も書いていない1通の手紙。

不気味な手紙を空けた小椚は、目を見開きます。

手紙を見て、ある場所に向かった小椚。

そこについた小椚は、案内された部屋に入って話し始めました。

「初めまして、小椚尊と申します。お手紙いただきありがとうございました・・・種部さん

小椚の前には、ニヤリと笑う種部健悟の姿が・・・!!

まとめ

夏生に狙いを定めた小椚という記者。

すぐに諦めた事で安心しましたが・・・その後現れたのは種部。

かつて陽菜を襲い、夏生を刺した種部は、ゆがんだ思考の持ち主です。

彼の話すことに事実はありませんが、話を聞いた小椚がどういう記事を出すのか・・・。

種部の登場で、波乱が起きそうですね!

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!