漫画ネタバレ

僕のヒーローアカデミア222話のネタバレと感想!死柄木の過去

ギガントマキアの強襲を受けたヴィラン連合。

ドクターに転送され、研究所に連れてこられてしまいました。

ドクターは全てを捧げるに値するかを見極めたいと死柄木に言いますが・・・

それでは、2019年4月1日発売の週刊少年ジャンプ18号に掲載されている僕のヒーローアカデミア222話のネタバレと感想をお届けします!

前話(221話)の内容を思い出したい方はこちらからどうぞ

U-NEXTで今すぐ「僕のヒーローアカデミア」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!

僕のヒーローアカデミア222話のあらすじ

先生とドクターに会う前の事はよく覚えていないという死柄木。

なのに”皆”を身につけると怒りが沸々と湧いてくる・・・とポケットから”皆の手”を出し・・・

僕のヒーローアカデミア222話のネタバレと感想

「考えてたんだずっと。あの日からずっとさ。」

死柄木はオール・フォー・ワンと出会った日を思い出します。

幼い死柄木・・「志村 転弧」という名前の頃。

ボロボロになった志村転弧は、オール・フォー・ワンと出会います。

誰も・・・たすけてくれなかったんだね。辛かったね志村転弧くん。」

「怖かったね。辛かったね。救いの手を求めて走っただろう。酷い事だね。」

そう言ってオール・フォー・ワンは幼い死柄木に手を差し伸べました。

「ヒーローが。そのうちヒーローが。皆そうやって君を見ないフリしたんだね。もう大丈夫。僕がいる。」

オール・フォー・ワンは幼い死柄木を抱きしめます。

ちゃんと覚えているのは先生に抱えられてから、それまで俺はカラッポだった。と今の死柄木は言います。

オール・フォー・ワンは幼い死柄木に部屋を用意し、今日から私が君の先生だ。と言います。

そこへドクターが「君の家族の残骸だよ」と言って”皆の手”を持って現れました。

「君は突然変異種。誰にも知りえぬ”個性”が発現し、その手で家族を殺めてしまった。」

”皆の手”を目の当たりにした幼い死柄木は頭をおさえ、首をかきむしり、嘔吐してしまいます。

「思い出せるかい?」とドクターは問いかけますが、幼い死柄木は断片的にしか覚えておらず、正体不明の吐き気を催す苛立ちしか蘇りませんでした。

そんな幼い死柄木にオール・フォー・ワンは、記憶が戻らずとも君の心には”感情”がこびりついているハズだと言い、教えたいのはその感情”苛立ち”をどこに向けるかだ。と言います。

コミ太
コミ太
壮絶な過去の体験で死柄木はこんな風になったんだ・・・あの”手”は家族だったなんてびっくり!

”皆”を身につけると吐きそうなのに心が落ち着くんだ!とドクターに話す今の死柄木。

断片的な映像しかないのに心には鉛の塊が沈んでいてそこから怒りが吹き出してくる。全然すっきりしない。ヒーロー社会が崩壊しても、裏の支配者になったとしても、鉛が消えることはない。と言い切る死柄木。

「俺はきっと全部嫌いなんだ。息づく全てが俺を苛つかせる。」

「じゃあもう壊そう。一旦全部。あんたは世にも美しい地平線を見られるよ。」

「だからドクター手を貸せ。地獄から天国まで見せてやる!」

死柄木はドクターに宣言します。

そんな死柄木にドクターは、まるで子供の絵空事だ!と笑い飛ばしますが、気に入ったのか力を貸そう!と言いました。

私の好きなものまで消しちゃうの?と不安そうなトガちゃん。

死柄木は仲間の望みは別腹。好きに生きてろ。と言います。

ハッハッハッ思ったよりトんだのう死柄木よ!!と嬉しそうなドクター。

どうやら試されていた様子の死柄木はふっかけたなとドクターを睨みます。

そんな死柄木に元から協力してやるつもりだったがどう成長したのか経過を見たかったと告げるドクター。

そして死柄木のために”研究”も整えてあるとほのめかしますが、まだお前たちは弱くて渡せないと言います。

最低限の格は身につけてもらうと言い、ギガントマキアを屈服させてみろ。と条件をつきつけてきました。

それを聞いて死柄木は「まったく長いチュートリアルだったぜ。」と自信満々。

ですが荼毘はリーダーの心中なんかしったこっちゃねぇと手伝わない宣言。

俺は俺のために動く。良い仲間ができそうなんだと死柄木に言います。

紹介楽しみに待ってるよ。と死柄木は荼毘の自由行動を許し、ドクターは荼毘を気に入っているようで「ハイエンドのテストに協力してほしい」と誘いました。

そんなドクターに話しきいてんのか。と呆れる荼毘。

早速ギガントマキアのもとに戻してくれとやる気が湧いた死柄木はドクターに頼み、転送してもらいます。

「未来の王様のご帰還だ!」

死柄木はギガントマキアに言い放ちます。

「王とは畏怖され求められるもの。強い者だ。」

ギガントマキアは死柄木たちを待ち受けていました。

・・・長かったがヴィラン連合VSギガントマキア これが俺たちの現状・・・

スピナーは言います。

そしてここからが本題。

ヴィラン連合は---消滅する!

不敵に笑う四ツ橋・・・いったいどういうこと!?

コミ太
コミ太
死柄木はギガントマキアを屈服させられるかな?なんせオール・フォー・ワン大好きなヤツだし・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
最後の一言と四ツ橋の不敵な笑みはどういう関係が!?なぞ過ぎる!

まとめ

壮絶な死柄木の過去が明らかに。あの手がまさか家族のものだったとは想像していませんでした・・・。

死柄木はギガントマキアを屈服させることはできるのでしょうか?そしてヴィラン連合消滅とは?

最新話の内容はこちらからどうぞ☆