漫画ネタバレ

約束のネバーランド129話のネタバレと感想!ノーマンの決意とは

ノーマンに自分の気持ちをすべて打ち明けたエマ。

エマとレイは”七つの壁”へ2人で向かうことになり・・・

それでは、2019年4月1日発売の週刊少年ジャンプ18号に掲載されている約束のネバーランド129話のネタバレと感想をお届けします!

前話(128話)の内容を思い出したい方はこちらからどうぞ

U-NEXTで今すぐ「約束のネバーランド」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!

約束のネバーランド129話のあらすじ

鬼を滅ぼしたくないというエマの本音を知ったノーマン。

1人農園を出た日に思いを馳せ、あの日に誓った決意を思い出し・・・

約束のネバーランド129話のネタバレと感想

エマとレイを見送ったノーマンは農園を出た日を思い出していました。

「僕は間違えるわけにはいかないんだ。誰一人死なせないために。」

決意を新たにノーマンは地下へ向かいます。

地下にはシスロ達とはりつけにされた鬼が。ノーマンは久しぶりに訪れたようですが、シスロは落ち着くから良く来ると言います。

エマとレイの話は何だった?とノーマンに聞くシスロ。

ノーマンは「色々」と話し始めました。

まず鬼を絶滅させたくないと。「それでボスは?」とヴィンセントは聞きますが「はやるなよ。計画に変更はない。」と話を続けます。

あと”邪血の少女”が生きていた。と。

やばくね!?とバーバラが焦りを見せますが、それについては考えがある。それよりもエマたちと面識がある友達だそうだ。とノーマンは言います。

それは都合が良くも悪くもある。とヴィンセント。

「だからか。だからあいつは鬼を殺したくない。なんでだよ・・鬼と友達?なんでだよなんなんだよ」と怒りをあらわにするバーバラ。

「鬼ってのはそういうんじゃない・・・!そういうんじゃないだろう・・・!?」

バーバラは鬼に襲われた過去を思い出し、突然頭痛がおきてしまいました。

シスロはいつもの発作だと言い、ヴィンセントはここ数日で自分たち全員が発作の間隔が狭くなってきていると言います。

ヴィンセントがバーバラに薬を飲ませ、薬の量も増え症状も悪化し始めていて我々にも時間がないのかもしれない。とノーマンに訴えます。

「物以下。家畜以下。それが当然。これが鬼にとっての食用生物=人間なんだ!鬼さえいなければ!!」

と涙を流すバーバラ。

シスロはノーマンの留守中にエマとレイと話したことを打ち明けました。

「いい奴らだったよ・・甘い戯れ言には反吐が出るがよ。マジでいい奴らだった・・・だけどさ。」

「ボスはこっち側だよな?ボスはボスだよな?迷ってなんかないよな?」

鋭い視線をノーマンに向けるシスロ。そんなシスロから視線をそらさずノーマンは淡々と言いました。

「ここまでやったんだ。無論 後には退かないよ。」

にゃん太郎
にゃん太郎
冷めた表情のノーマン。なんだか怖いなぁ。

・・・・2047年2月、ノーマンがΛ(ラムダ)の研究所で反乱を起こしました。

鬼を捕らえ、鬼を殺し、研究に研究を重ねます。

鬼が何を食べ、どう変異し、どう再生し、どう退化し、どう死ぬのか・・・

そんな過酷な研究をノーマンは1人で背負っていました。

エマもレイも優しい。でも優しいだけじゃ世界には勝てない。

僕には悔いはない。全員を救いたい。ただその気持ちだけでここまでやってきた。

そのためならば神にでも悪魔にでも喜んでなると・・・。

コミ太
コミ太
ノーマンの背負ってきたものは重いよ。1人でなんとかしようとしてる。辛いね。
にゃん太郎
にゃん太郎
皆を助けたいって気持ちはエマたちと同じなのに・・・すれ違っちゃってるなぁ

まとめ

ラムダの研究所で始めた鬼の研究をきっかけに全てを1人で背負い込んだノーマン。

もうノーマンの計画は止めることはできないのか?

エマとレイは”七つの壁”を見つけて無事に帰ってこれるのか?

最新話の内容はこちらからどうぞ☆

【毎週更新】約束のネバーランド最新話135話のネタバレと感想!?ソンジュとムジカを探せ!”七つの壁”を探しに行ったエマとレイ。しかし、扉を開けて辿り着いたのは懐かしいハウスでした。ハウスの中は迷路のようになっていてなかなか”壁”にたどり着けません。一方、ドンとギルダはノーマンに呼び出され・・・?それでは、2019年5月27日発売の週刊少年ジャンプ26号に掲載されている約束のネバーランド135話のネタバレと感想をお届けします!...