漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の264話のネタバレと感想!時の人〝藤井夏生〟に忍び寄る影・・・

 

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

両親の許しを得た夏生と瑠衣。

2人は高校の同級生にも結婚と妊娠の報告をします。

その後、夏生が2人で向かったのは・・・ラマン。

ラマンでバイトをする親友のフミヤと合流し、絆を再確認するのでした。

それでは、2020年3月4日発売の週刊少年マガジン13号に掲載されているドメスティックな彼女264話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女264話のあらすじ

夏生の師、桃源先生。

遺作を夏生が引き継いだ、〝道〟が発売されました。

〝道〟は話題作となり、夏生はテレビ出演まで果たします。

ドメスティックな彼女264話のネタバレと感想

その日、夏生は演劇サークルに参加しています。

休憩時間に、部長の水沢の下へ歩み寄る夏生。

そこで、水沢に大学を休学すると伝えました。

夏生を次期部長にと考えていた水沢。

夏生の言葉に戸惑いを見せます。

理由を問われた夏生が水沢の耳元で話すと・・・。

「はああ!!!結婚して子供が生まれる!!?」

水沢は大声で叫んだのです。

水沢の声を聞き、集まってくる部員たち。

一瞬ざわつきますが、結婚の事実を皆んな受け入れてくれたようでした。

次に上がった問題は、次期部長をどうするか…。

悩む水沢に、夏生が声をかけます。

「それなら俺なんかより、ずっと適任な人がいますよ・・・」

そう話す夏生。

部員たちの方を振り返り・・・。

「・・・芹沢」

そう話しました。

高校時代、部長を経験し失敗していた芹沢。

演技への熱量の差で、部員とぶつかってしまった過去があります。

その経験を持ち出し、夏生の意見を否定する芹沢ですが・・・。

「芹沢の部長就任に賛成の人!」

夏生はそう言って、部員に意見を求めました。

夏生の言葉を聞いた部員たちの手が、一斉に上がります。

高校の時とは違い、意識が高い部員たち。

昔のようにはならないと話す夏生。

「皆、芹沢を舞台人として信頼してる」

最後に夏生は、そう言って芹沢の背中を押すのでした。

コミ子
コミ子
芹沢さんも夏生への思いを振り切ったみたい!
にゃん太郎
にゃん太郎
夏生はモテモテだねぇ

「ただいまー」

大学から自宅に帰った夏生。

出迎えた瑠衣は、家に届いていた荷物の事を伝えます。

夏生が箱を開けると・・・。

「あ・・・!新しい本!」

箱の中身は、桃源先生の遺作を引き継いだ〝道〟という新書でした。

夏生とともに喜ぶ瑠衣。

しかし、夏生は瑠衣に背を向けます。

「どこ行くの?」

瑠衣がそう尋ねました。

「ちょっと挨拶してくる」

瑠衣の問いにそう答える夏生。

夏生が向かったのは・・・桃源先生の家

家に入ると、夏生は仏壇に手を合わせます。

さらに桃源先生がいつも仕事をしていた机に〝道〟を置き・・・。

「ありがとうございました」

そう言って、深々と頭を下げるのでした。

場面は変わり、出版会社へと移ります。

そこにいるのは、〝天才小説家〟薊名鈴子

彼女はかつて、夏生の描いた小説を〝普通〟と切り捨てた過去があります。

そんな彼女は夏生が引き継いだ〝道〟を呼んで・・・。

夏生との共作とは嘘だと言い始めます。

その発言の真意を編集者が尋ねると・・・。

「だって・・・完璧すぎます。どう見ても、桃源先生の文章そのものだから」

夏生にとって最大の賛辞を、薊名は口にするのでした。

コミ太
コミ太
夏生に聞かせてあげたい・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
酷評されて、悔しい思いをしてたもんね!

さらに、夏生の〝道〟は話題となり、テレビの取材も受けるようになります。

その日放送された番組を録画して、夕食を食べながら流す家族。

テレビに映る自分を見て、夏生は顔を赤らめるのでした。

これには瑠衣との関係を否定していた母も喜びを見せ、陽菜はネットでの高評価を夏生に伝えます。

夏生の存在はメディアで話題となり、スーパーでサインを求められることも・・・。

一緒に買い物をしていた瑠衣は、その様子を見て遠くに離れています。

「ど・・・どうした!?何隠れてんだよ」

瑠衣に向かって尋ねる夏生。

「沢山の人から尊敬される人と一緒にいると思うと、緊張してきちゃって・・・横にいていいのかなって」

瑠衣はそう答えます。

瑠衣の言葉を聞き、彼女の頬っぺたをつつく夏生。

「都合の悪いことなんてないだろ、婚約者と一緒にいる事なんて普通なんだから

そう言って、瑠衣を喜ばせるのでした。

しかし、夏生の話題は大きくなりすぎ・・・ある記者の目にとまります。

その記者は、スクープ系週刊誌の記者

彼は、夏生に狙いを定めます。

 

まとめ

順調に動き始めた夏生の人生。

小説も話題となり、メディアでも騒がれ始めます。

しかし、次回はそのことがマイナスとなりそうです。

夏生が関係を持ったのは、義理の姉と妹。

義姉である陽菜とは、高校の教師と生徒でありながら関係を持ち、
問題となった過去がありますね。

最後に現れた記者は、そのことを突き止めるのではないでしょうか!!

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!