漫画ネタバレ

コレットは死ぬことにした94話のネタバレと感想!帰る場所

▼コレットは死ぬことにしたのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って花とゆめ電子版を読むのがおすすめです!花とゆめ電子版で最新話を読む場合は、花とゆめ1刊遅れで先読みできますよ。

クロノスと共にエリュシオンを訪れたコレットとコツメ。

夜にはハデスやラダたちも現れ、エリュシオンでは冥府で働くことになったラダたちの歓迎会が行われたのでした。

コミ子
コミ子
ヘファイストスもエリュシオンに現れてコレットと初対面したのよね!

それでは、2020年2月5日発売の花とゆめ5号に掲載されているコレットは死ぬことにした94話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

コレットは死ぬことにした94話のあらすじ

自分が作ったと言うクロノスの鎌を研ぎ終え、エリュシオンを後にしたヘファイストス。

ガイコツたちも留守番組と交代し、エリュシオンでの楽しい夜は更けていきました。

夜が明け、ヘルメスとディオとの旅を再開したコレットは宴会の話をしながら…。

コレットは死ぬことにした94話のネタバレと感想

旅を再開したコレットたちは、ヘファイストスの変人ぶりの話で盛り上がっていました。

ヘファイストスはアフロディーテが帰宅してから20秒で現れ、笑顔で接待していたようです。

話をしていると前を歩く隊商を見つけ、声をかけるコレットたち。

隊商は遍歴医の村で昼休憩するといい、コレットはその村を一度訪れ1日居たことを思い出しました。

その村には常駐の薬師が居ない代わりに面白いルールが出来ていました。

『遍歴医は次の薬師が村にやって来るまで滞在すること』

そのためコレットもルールに則り次の薬師が来るまでの1日間、そこに滞在していたのです。

にゃん太郎
にゃん太郎
遍歴医って何だろう?
コミ子
コミ子
昔の医者は定住せずに各地を巡り歩きながら患者を探して治していたみたい。その人たちのことを遍歴医っていうのよ。

隊商の中にはその村出身のリニという青年がいました。

リニは17歳の時に母親と喧嘩して家出し、10年村に帰っていないと話します。

しかし隊商の人たちに諭され、親と仲直りし親孝行もして来いと言われてしまいました。

「やあ薬師さん、村へようこそ」

コレットたちを出迎えた村人はリニのことを覚えていました。

村には旅人は入れないルールがありましたが、リニは村の出身ということで村長に挨拶をしに行くコレットと一緒に村へと入ります。

コミ子
コミ子
この村には不幸の半分は旅人が運んでくるという教えがあるみたい。揉め事とか病とか…。
にゃん太郎
にゃん太郎
リニは家に帰りたい雰囲気ではないね。怒られるのが怖いからかな?

ヘルメスとディオは診療所でコレットを待つことになりました。

しぶしぶ家へと向かうリニから、家出した理由を聞いたコレット。

父親は小さい頃に死んで顔も覚えておらず、出来が良く優しい兄に苛立ち八つ当たりした挙句、腕っぷしが強くてキレたら猛禽類みたいな顔で怒る母親に怒られ家出したということでした。

「今日またぶん殴られたらコレットさん治してくれよな」

ため息をつきながら実家へと歩くリニの目に、子どもたちからお父さんと呼ばれている兄の姿が映りました。

「け、結婚してる…!!いつのまに!?いやそりゃそーかっ。そーだけどっまじか、えっ!?」

動揺し逃げようとするリニを見つけた兄は、リニに声をかけます。

「リニ…!?リニか?だよな?帰ってきたのかっ」

リニは逃げるのを止めコレットを兄に紹介し、兄は家の中で話そうと母の居る家へとリニを促します。

怒鳴られるのを覚悟し中へと入るリニですが、そこに居たのは猛禽類の顔をした強い母ではなく、寝所で身を起こす年老いた弱った母の姿でした。

「リニ…ああ、おかえり」

コレットの目から見てもリニの母親の容体は良くないことが分かります。

2年くらい前から具合が悪くなり伏せるようになったと話す兄。

床に伏せながらもリニへと手を伸ばす母。

しかし母の細く弱った手を見たリニは、思わず外へと飛び出してしまいました。

飛び出したリニを追いかけるコレット。

「あれ誰だよ。あれ母ちゃんか?母ちゃんっていうかばあちゃんじゃん。10年であんななるのか?」

「…それほどの病なんだと思います」

差し出された母の手を気味悪いと感じてしまうほど、現実を受け入れることが出来ず戸惑うリニ。

コレットはリニの気持ちを理解しながらも、今逃げると帰る場所が無くなってしまい戻れなくなるのは寂しいから今は捨てずに頑張ろう、と話かけ手を差し出します。

リニも頑張ってみる、とコレットの手を取り泣いた目をごまかすために顔を洗い、追いかけて来た兄と一緒に家に戻りました。

「母ちゃん…た、ただいま。久しぶり」

リニは行商をやっていることを伝え、しばらくここにいてもいいかと母親に問いました。

「あんたあの日よりいい顔してるじゃない。こんな体になったけどしぶとく生きててよかった。おかえりリニ」

コレットは村の診療所で待つヘルメスとディオの下へと向かいます。

満面の笑顔でおかえりとコレットを出迎えた2人。

「はは、2人の顔を見るとなんかほっとするよ」

コレットも優しい笑顔を見せ、2人にただいまと伝えました。

まとめ

不幸の半分は旅人が運んでくるという教えは色々と考えさせられますね。

戻れる場所を手放してはいけないというコレットの強い思いも納得です!

コレットは旅をしながら患者を救うだけではなく、神様たちも癒しちゃいますよ!!

次回が待ち遠しいです!

▼コレットは死ぬことにしたのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!