漫画ネタバレ

金田一37歳の事件簿49話のネタバレと感想!~犯人の正体とアリバイトリック

▼金田一37歳の事件簿のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めますよ♪

金田一の高校時代に殺人事件に巻き込まれた函館異人館で再び起きた死亡事件。

舞台上で射殺された赤座光輝と綾野木ルカと、その殺人を匂わせる遺言を残して宙吊りで死んだ水島!

自殺以外に考えられないその死を金田一は、セリの構造と残されていた血痕から「他殺」だという事を明快に解き明かしました。

そして、「犯人は、赤座・綾野木・水島だけでなく、東京で死んだリョウまでも殺した」と断言するのです。

では、真犯人とは誰なのでしょうか。

「白装束の謎」、「使われていないままのコーヒー入りのポットとカップ2つ」、「すり替えられた銃」が何を意味しているのか・・・

早くも犯人が分かってしまった金田一が今、犯人を崖っぷちまで追い詰めていきます。

それでは、2020年1月28日発売のイブニング2020年4号に掲載されている金田一37歳の事件簿49話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

金田一37歳の事件簿49話のあらすじ

赤座・綾野木、そして水島が殺された舞台に全ての容疑者を集めて金田一はこう言い放ちます。

犯人はこの舞台にいます」と。

ざわめく一同を前に、金田一は更にこう続けました。

「我々は事件当初から犯人により大きくミスリードされていた」のだと。

水島がすり替えられた銃で誤って赤座と綾野木を撃ち殺してしまったという事も犯人のシナリオ通りだったというのです。

では、犯人はどのようなトリックで二人を撃ち殺したのか・・・

そして、犯人は誰なのか・・・

ついに暗い闇に隠れたこの舞台の主役(犯人)にスポットライトが浴びせられようとしています!

金田一37歳の事件簿49話のネタバレと感想

謎は全て解けてしまったと断言する金田一は、容疑者たちが集まる舞台で自信満々に言い放ちました。

碧血鬼はこの舞台にいます」と。

事件は水島の犯行だと一度は結論付けられて安心していただけに一同にショックが走ります。

金田一はまず、犯人を言い当てる前にこの事件の大きな謎について説明し始めました。

コミ太
コミ太
それって、水島が持つはずだったモデルガンがいつ本物の銃にすり替えられたかって事だよね!

いや、それ自体が間違っているみたいですよ。

金田一は、これこそ犯人が巧妙に仕組んだミスリードなのだと言うのです。

にゃん太郎
にゃん太郎
ミスリードって事は、そもそも銃はすり替えられていなかったってこと?
コミ太
コミ太
でも、舞台で使われるはずだったのはモデルガンだったんだよね?

そう、あの舞台で水島が持っていたのはモデルガンだったのだと金田一は言うのでした。

にゃん太郎
にゃん太郎
でも、モデルガンじゃ人を殺せないよ!

そうなのです、水島が持っていた銃では人を殺せないのです。だとしたら?

コミ太
コミ太
という事は、別の誰かがどこかから二人を射殺したって事?

その通り!そこに犯人の巧妙なミスリードが隠されていたのだと金田一は言いました。

すり替えられた銃によって、水島が誤って二人を射殺してしまったとみんなに思い込ませたという事です。

にゃん太郎
にゃん太郎
証拠はあるの?

その証拠は、舞台幕に残る火薬の匂い!

しかし、演出家兼監督の海枝博貴は、匂いが残る舞台幕は水島の側に寄せられていたのだから匂いがあるのは当然ではないかと主張しました。

しかし、水島の立ち位置では、幕に強い匂いが付きはしないと金田一は言います。

水島は幕からかなり離れた位置にいたのです。

コミ太
コミ太
じゃあ何故、舞台幕に匂いが付いていたの?

金田一は、こう言いました。

「水島が持っていたのはただのモデルガンで、犯人は幕の裏から本物の銃で赤座を射殺した」と。

にゃん太郎
にゃん太郎
でも、本物の銃を撃ったんなら銃声がするんじゃないの?

それが、専門家に聞いてみたところ、舞台で使われた22口径の自動拳銃なら消音装置を付けさえすればかなり銃声が小さくなるそうなんです。

しかも、舞台の銃を撃つ時の演出でその音がかき消されたのではないかと金田一は説明しました。

コミ太
コミ太
同じ方法で綾野木も撃たれたのかな?

それが違うそうです。

綾野木は、舞台で撃たれた時はちゃんと生きていたと金田一は続けました。

にゃん太郎
にゃん太郎
え?じゃあどこで殺されたの?

ほら、綾野木は舞台で撃たれた後に滑り台で舞台したに降りて行ったでしょ?

そう、綾野木は、滑り台で降りて行った後に射殺されたのだと金田一は解説します。

そしてこう結論付けるのでした。

「相当に用意周到に準備された計画殺人」だと。

しかし、この金田一の推理に対して幸村はこう反論します。

二人を射殺したのは間違いなく水島が持っていた銃だ」と。

その異論に金田一はこのような明確な回答を出しました。

「モデルガンと本物の銃は、この舞台ですり替えられたのだ」と。

そしてついに金田一は犯人を指し示すのです。

その指先にいたのは、岡倉純!

そう言えば、二人が撃たれた後に水島から銃を奪い大道具に向けて撃ち、それが本物であることを証明したのが岡倉でした。

この時に岡倉が銃をすり替えたと金田一は断定します。

確かにそれが出来たのは岡倉しかいません。

もう一つの疑問は、テレビ局を装ったいたずら電話です。

当初、銃がすり替えられたのはゲネプロ後の小道具置き場とされていましたよね。

岡倉としては、そのタイミングにアリバイが欲しかったという事です。

テレビ局に呼び出されたというしっかりとしたアリバイが!

コミ太
コミ太
見事なトリックだね!

でも、流石は金田一、トリックに惑わされなかったのです。

「鉄壁なアリバイのはずだったが、外出した事であなたは大きなミスを犯した」と岡倉に言い放ちました。

そうです、あの「白装束の謎」がここでクローズアップされたのです。

岡倉が外出した後に、水島は、主役の岡倉に気を使って白装束を着ないと宣言していたのです。

それを知らなかったのは岡倉だけ!

もし、水島本人が遺書を書いたとしたらこんな内容になるはずがないのです。

しかし、ここに至っても岡倉は強気です。

「あいつが言ったことなんて知るわけないだろ。それで僕が犯人なんてちょっとムチャクチャ過ぎないか?」

「知らなかったって事だけで犯人扱いなんてごめんだな!」

と強がりました。

しかし、それに対して金田一はきっぱりとこう断言します。

証拠ならありますよ。警察が調べれば必ず分かる決定的な証拠が!

にゃん太郎
にゃん太郎
証拠ってなんなの?

いや、その、今回の話はここで終わっちゃいました。正解は次話に持ち越しということで・・・

コミ太
コミ太
う~ん、分かっていた事とはいえじれったい終わり方!

でも、警察が調べれば分かるってところが重要なポイントじゃないでしょうか?

硝煙反応、指紋、銃の入手経路、ルミノール反応、過去の交友関係・・・

警察が調べそうな事は色々ありますが、次話までにこの事件をもう一度見直して見るというのも良いかもしれませんよ。

まとめ

ついに金田一は、一連の犯行が岡倉によるものだと解明しました。

しかも、証拠もあると!

今の段階で金田一が解明したのは、舞台での二人の射殺トリック、そして水島の遺書の謎ですよね。

ただ、まだ分かっていないのは岡倉が殺した証拠と殺人の動機!

44話で、水島はこう言って怯えていました。

「こんなの呪いのわけねーだろ!誰かがやってるに決まってる。誰かがあの女の復讐のために・・・」と。

あの女とは誰なんでしょうね。ここに大きなヒントが隠されているようにも思えます。

そして、リョウが急に金回りが良くなったという話もありましたね。

今回の事件の発端となったのは間違いなくリョウの死です。

リョウも含め殺された4人に共通する事とは・・・

その当たりが、事件解明のキーポイントになるかもしれませんね!

さて、次話でこれらの謎がどう解き明かされるのか・・・

次号の完全解決編を楽しみにしつつ待ちましょう!

次号は2月10日(月)発売です。今回は月曜に発売ですよ、お間違いなく!

▼金田一37歳の事件簿のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!