漫画最新話ネタバレ

【毎月更新】星降る王国のニナ最新話第二十七夜のネタバレと感想!現れたホルト将軍

監獄長と取引をしたニナ。

自分とアン、ヨル、そして下級囚人たちの解放を約束にホルト将軍を捜し始めます!

それでは、2021年12月1日発売のBE・LOVE1月号に掲載されている星降る王国のニナ第二十七夜のネタバレと感想をお届けします!

星降る王国のニナ第二十七夜のあらすじ

ニナのホルト将軍捜しが始まりました。

顔も知らないのにいったいどうやって見つけるのか?

興味津々でソルがニナについて回ります。

ニナが囚人たちから情報をもらう様子を見ていたソルは、ニナを地下道に案内することにしたのですが…?

星降る王国のニナ第二十七夜のネタバレと感想

「ホルト将軍を見つけ出すために自分の命を代償にした」

それを聞いたヨルは「バカじゃないのか」とお怒りです。

ニナはホルト将軍の顔も知らないくせに「まあまかせてよ」と張り切って出かけました。

そこへソルがやってきて、ニナについていきます。

しばらくしてソルが言いました。

君ぜんぜん捜してないよね

痛いところを突かれたニナですが、ニナの本当の目的は、監獄長を拉致することでした。

本当にいるかどうかわからない人を捜すより監獄長を人質にして盾にしたほうが確実だとニナは言います。

ふいにニナが尋ねました。

「そういえばソルってどんな罪でここに入れられたの?」

ソルが静かに答えます。

王を殺したんだわ

思わず息を飲むニナ…。

「なぁんてね」

反抗したらポイされただけと笑うソルです。

ニナたちが歩き回っていると、囚人たちが声をかけてきました。

自分たちが知ってる情報を教えてくれます。

コミ子
コミ子
囚人たちにとって、ニナはここを出る希望の星だもんね!

ニナと囚人たちが話している様子を見て、ソルは過去のことを思い出していました。

ソルは昔城にいて、いろんな知識を得ることが好きだったのです。

それが転じて開発が趣味になりました。

人民たちはソルの発明品のおかげで便利になったと喜んでいます。

その才能は王にも目をかけられるほどです。

そんなある日、ソルは洗濯用のからくり装置のことで、侍女の一人からお礼を言われました。

それが嬉しかったからか、その侍女があまりにも可愛く笑ったからなのか、もっと便利なものをソルは目指します。

そしてある日銃を作り上げました。

ソルは猟が手軽になると思っていたのですが、王は人に使うと言い出します。

そしてその場で銃を撃ち、その先にいた侍女が頭を撃ち抜かれました。

王は、その侍女が密偵だという報告があったから撃ったと言いますが、ソルは哀しみと絶望感を覚えます。

なぜならその撃たれた侍女は、ソルにお礼を言った侍女だったからです。

それからソルは銃を封印すべき物とし、銃に手を加えます。

その銃が暴発し、王は亡くなったのでした。

コミ子
コミ子
ソルはノアと知り合いみたい。関係はわかんないけど。
にゃん太郎
にゃん太郎
亡くなった王の妹がノア。だからノアが今現王なんだね。

もちろんソルが王を殺した証拠なんてありません。

ですが銃を作った責任として監獄送りを自ら希望したのでした。

好きなことだけして余生を過ごそう。

何もかもに目をつむり 何も決めない 何も選ばない。

ただただ無為な日々を重ねていく。

そうソルは決めたのです。

少し考えてソルがニナに言いました。

監獄長を人質にとらえる計画はちょっと難しいけれど、それを叶える方法を自分は知っていると。

罪を分かち背負う覚悟があるのなら ホルト将軍の居場所を教えよう

ソルは、獣牢の奥の地下道へニナを案内しました。

着いた先には水が湧いています。

湖のようです。

「彼は沈んでいる 取ってくるかい?」

そうソルに言われて、ニナは「骨を?!」と思ってしまいます。

ソルは、あそこに沈んでいるのは力の象徴だと言いますが、ニナにはなんのことやらさっぱ
りわかりません。

「君の好きに!」

そう言うソルですが、ニナは、ソルがそれを誰かに取ってきてほしいのだと思いました。

「あたしに選ばせるって決めたってことは ソルはもう選んでる

ホルト将軍じゃなくてソルのために取ってくるよ」

ニナは湖に潜ることにしました。

水が冷たいので長い時間泳ぐと死んでしまいそうです。

冷たい水の中に飛び込んだニナは骨を捜します。

すると目の前に槍が出てきました。

(確信はないけどこれな気がする)

ニナは槍を引き抜こうとしますが、岩に引っかかっていて抜けません。

格闘しているうちに手の感覚がなくなってきました。

(あとすこし できるから!!)

ニナはやっとの思いで槍を引き抜き、水面に上がりました。

水から出てソルに槍を渡します。

これでいい?

そこでソルは気がつきました。

自分は何もない日々に飽き飽きし、もう一度立つきっかけがほしかったのだと。

ちょうどそこへ監獄長が看守たちを引き連れてやってきました。

拘束されたアンとヨルも連れてこられています。

「この槍は僕の一部 分かれた半身 奮う力の源 預けしその名」

丸メガネを頭に上げ現れた顔は、ホルト将軍その人なのでした。

←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

やはりソルはただ者ではありませんでしたね。

ホルト将軍がこんなに若いとは思いもしませんでした。

ソルもまた、ニナに心惹かれるものがあるようです。

これで、アズールとセトとソル、3人の男性がニナに心奪われているように思います。

(ヨルはアンに惹かれているようです(笑))

これもニナが星の民であるからなのかもしれませんね。

今回セトは出てきませんでしたが、そろそろセトは監獄所へやってくるのでしょうか。

次回のお話が気になります!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ