漫画ネタバレ

約束のネバーランド128話のネタバレと感想!エマはノーマンを説得できるか?

「鬼を滅ぼしたくない」

エマはノーマンに気持ちを打ち明けました。

しかしノーマンは断言します。

「鬼を絶滅させなければ家族で笑える未来はない」と・・・

それでは、2019年3月25日発売の週刊少年ジャンプ17号に掲載されている約束のネバーランド128話のネタバレと感想をお届けします!

U-NEXTで今すぐ「約束のネバーランド」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!

約束のネバーランド128話のあらすじ

人を食べなくても人型の形質と知能を保てる超特異固体「邪血の少女」と呼ばれる鬼。

それがエマの友達ムジカのことで、ノーマンもその存在を知っていました。

知っていても彼らも含めたすべての鬼を滅ぼそうと計画を続行させようとするノーマン。
エマは説得することができるのでしょうか。

約束のネバーランド128話のネタバレと感想

ノーマンから「笑える未来はない」と断言されたエマ。

ノーマンが正しくて、安全に確実に全食用児を救える方法は「鬼の絶滅」だということは頭ではわかっています。

でもそれは「確率」の正しさなだけであって、敵だからと言って罪のない鬼の子供たちまで殺戮するなんて正しいとは思えない、とエマは反論。

「0じゃない。危険でもわずかでも双方死なず生き残る方法がるならその道に賭けて進もうよ」

今までそうやって、希望を捨てずにきたから今こうしてここにいる。

もし確率だけで選んでいたら、そもそも脱獄だってしていない。

友達=ムジカを殺さなきゃ生きられない未来なら私はもうきっと笑えない。

自分の気持ちをノーマンにぶつけるエマ。

そんなエマにノーマンは確認します。

「あくまで”絶滅”は避けようと言うの?でももう計画の撤回は今更できないよ。」

そこでエマはエマが考えている作戦を打ち明けました。

王と五摂家を打倒し、農園を開放するまではノーマンの作戦のとおりでいい。でも王たちは殺さない。なぜなら王たちの血で人を食べなくていい鬼を増やしたいから。

それと同時に”七つの壁”を超えて○○と”約束”を結び直し、人間の世界へ逃げられる道筋をつける。

全ての鬼を退化しない体に変えて全ての農園をなくしたら、全ての食用児で人間の世界に渡る。

このエマの計画に対しノーマンは冷たく「夢物語だね」と突き放します。

コミ太
コミ太
そりゃノーマンは反対するよね。全てそんなにうまくいったら苦労はないんだけど、夢物語だよなぁ。
にゃん太郎
にゃん太郎
でもエマの気持ちもわかるな。大変でも可能性があるなら試さずにはいられないよね。

そもそも”七つの壁”が本当に存在するのかが不確定で謎だらけ。そんな根拠のない計画は無理だとノーマンは反論します。

しかし、エマは”七つの壁”への行き方は知っていました。この一年半で行き方は突き止めていて、必要なものも集めています。条件さえそろえばいつでも行ける状況です。

でもまだわからないこともたくさんあるのも事実でした。ノーマンの言うとおり謎だらけ。

そこでエマはひらめきます。

「それがわかんなきゃダメって言うなら、私が行って確かめてくる!」

「全部確かめてくるから。ちゃんと”約束”結び直せて戻って来れたら絶滅考え直してね!」

いきなりの展開に困惑するノーマン。そもそも戻って来れたらって?と焦りを隠せません。

ここでやっと口を開くレイ。現状わかっているリスクは2つあり出口を知らないことと、基本そこに入った奴らは帰ってこられないらしいということだとノーマンに伝えました。

「はあ-----!!?」

ノーマンの叫びが響きます。

何だそれ!リスクだらけじゃないか!・・仰るとおり。

それでもエマは引き下がりません。元々行くつもりだったし大丈夫。と楽観的。

絶滅させてくないのは私だし、そのくらい自分で背負って確かめてくるよ。と。

「ノーマンの方がもっと背負ってる。1人で神様みたいに。」

エマはノーマンに感じていたことを打ち明けます。

「神様になんかならなくていいんだよ。辛くないの?本心から鬼を絶滅させたいの?鬼を殺してスカッとするの?」

ノーマンの本音が聞きたいエマ。農園から1人でいなくなってしまった日を思い出し、また1人で全部背負って遠くへいっちゃやだとノーマンに抱きついて泣き出します。

そんなエマにノーマンは本音を言いそうになりますが、ぐっとこらえて普段の表情に戻ってしまいます。

エマの考えはわかったけど、僕の考えは変わらない。計画を止める気もない。遅らせる気も待つ気もない。エマがどうしても絶滅を止めたいなら、僕が王家・五摂家を殺させる前に戻ってくるんだ。もしエマが戻って来れたらその時に初めて絶滅を止めるか考える。

この条件にエマは十分だよありがとうと笑顔を見せます。

2人の動向を見ていたレイ。もちろんエマと一緒に行くとノーマンを安心させました。

「2人とも必ず無事に戻ってきてね。」心配するノーマンに「うん!」と元気良く答えるエマとレイ。

ノーマンとわかれエマはレイに「もう迷わない。殺戮なんてさせない。もう二度とノーマンを1人で行かせたりしない。」と決意を伝えるのでした。

コミ太
コミ太
エマはやっぱり仲間思いだね。ノーマンだけに背負わせるのが辛いんだよね。
にゃん太郎
にゃん太郎
また新たな旅が始まるね。どうか無事に帰ってきてほしい!

まとめ

自分の気持ちを全てノーマンにぶつけたエマ。でもノーマンはまだ本音を見せませんね。

そしてエマとレイの新たな旅がはじまります。きっと「無事に」というわけにはいかないんだろうなぁ。

最新話の内容はこちらからどうぞ☆

【毎週更新】約束のネバーランド最新話135話のネタバレと感想!?ソンジュとムジカを探せ!”七つの壁”を探しに行ったエマとレイ。しかし、扉を開けて辿り着いたのは懐かしいハウスでした。ハウスの中は迷路のようになっていてなかなか”壁”にたどり着けません。一方、ドンとギルダはノーマンに呼び出され・・・?それでは、2019年5月27日発売の週刊少年ジャンプ26号に掲載されている約束のネバーランド135話のネタバレと感想をお届けします!...