漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ226話のネタバレと感想!嫉妬

▼ゴールデンカムイのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

刺青人皮を求め、動き出す土方一味と鶴見一味。

菊田と宇佐美を、土方一味のいる札幌へ送り出す鶴見。

そんな時、宇佐美との過去を思い出しますが…。

それでは、2020年1月9日発売のヤングジャンプ6,7合併号に掲載されているゴールデンカムイ226話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ゴールデンカムイ226話のあらすじ

とある村でリュウらしき犬を見つける杉元。

しかしアシリパ曰く、似ているだけでまったく別の犬のようです。

チカパシと戯れるリュウの姿を思い出す杉元たちですが…。

ゴールデンカムイ226話のネタバレと感想

アシリパによると、アイヌ犬はとても勇敢で、飼い主へ忠誠心が高いようです。

しかしそれがひっくり返ると、嫉妬深く気性が荒くなります

一方宇佐美との過去を思いだす鶴見。

道場で再開する鶴見と当時14歳の宇佐美。

宇佐美の家は、道場から徒歩2時間の場所にあるにも関わらず、稽古のない日でもなんとなく来てしまうようです。

時はさらに2年前にさかのぼります。家族と過ごす幼き日の宇佐美。

父と母と姉、年の近そうな弟と、さらに赤ん坊の姿まで見えます。

コミ太
コミ太
意外にも宇佐美は円満家族…
にゃん太郎
にゃん太郎
みんな笑顔だし家族全員仲良さげだ!

さらに、当時の宇佐美には高木智春という名の親友がいました。

当時の鶴見中尉は宇佐美だけでなく、この高木にも慕われていたらしく、互いに名前で呼び合うくらいの仲です。

日々稽古でも乱取りする高木と宇佐美。

しかし宇佐美は同世代では敵なしに強いらしく、高木は一度も宇佐美に勝ったことがありません。

そんな高木は東京の学校に通うことが決まっていました。

迎えた最後の稽古の日、一度でも宇佐美に勝とうと試みますが、やはり勝つことはできませんでした。

一人道場に残って座り込む高木、そこに鶴見が現れ、もう一度宇佐美と再戦するよう背中を押されます

そして鶴見に見守られ、野外で乱取りすることになった高木と宇佐美。

自分に勝ちたいんだと知りながらも、わざと負けてやる気はない宇佐美。

正々堂々とした乱取りをしながら、宇佐美と稽古した日々を思い出し涙ぐむ高木。

コミ太
コミ太
良い話じゃないか…
にゃん太郎
にゃん太郎
素晴らしい関係だねこの二人は…!

しかしやはり実力は宇佐美の方が上のようです。

あっというまに高木を組み敷いてしまいます

しかし諦めない高木は「まだまだ」と言いながら起き上がろうとします。

するとなんとその瞬間宇佐美が豹変

顔の血管が浮くほど怒り、歯を食いしばり、かかとで高木の首を強烈な勢いで踏みつけてしまいます。

コミ太
コミ太
ええぇっ?!
にゃん太郎
にゃん太郎
どうしたんだ急に…

高木は白目になり泡を吹き始めます。

その様子を見て慌て踏めたく鶴見ですが…。

まとめ

前回のラストに続き、宇佐美の過去編でした。

家庭円満なところは現在の宇佐美からは想像がつきませんでした。

そして急に豹変し、親友高木にキバをむく宇佐美。

冒頭であったアイヌ犬の説明は、まさに宇佐美そのものでした。怒り狂う宇佐美を見て鶴見は…。

U-NEXTで今すぐ「ゴールデンカムイ」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!