漫画ネタバレ

リビドーズ51話のネタバレと感想!救出

▼リビドーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

再開したイサムと間淵。イサムは2年間の出来事を、間淵から聞かされます。

そしてアカリが人間製造の被験者となっている事実を聞きつけますが…。

それでは、2020年1月9日発売のヤングジャンプ5号に掲載されているリビドーズ51話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

リビドーズ51話のあらすじ

政府が日本人の絶滅を防ぐため、人権を無視して推し進める人間製造計画。

アカリも被験者となっている事実に憤りを隠せないイサムですが…。

リビドーズ51話のネタバレと感想

アカリを助けに行くため、あてもなく外へ飛び出すイサム。

周囲には男しかいない異変にすぐ気づきます。

間淵はさらに、避難所の現状をイサムに説明します。

国家としての機能は政府が存在しているだけになった日本。

国としての統率力はなく地方分離、自衛隊が武力で治安維持に努めている状態です。

各避難所も自衛隊に治められています。

そして最大の問題であるアンドロギュノスは夜行性であり、夜間は避難所内にいないと命はありません。

一生懸命現状を説明する間淵ですが、イサムにはまったく関係がないといった感じです。

相手が誰だろうが、どんな状況であろうが、アカリを助けに行く決意は揺るがないイサム。

コミ太
コミ太
以前より強気な感じになってるなイサム…
にゃん太郎
にゃん太郎
まっすぐなところは変わらないけどね

その強くなったイサムを見て、間淵も協力を決意し、明朝避難所を出ることします

2年間食事をとっていなかったイサムはとりあえず栄養補給をします。

しかし今や各避難所は自給自足生活、主食はじゃがいものみとなっています。

夜明けを待つ間淵たちは、今後の人類について語り始めます。

どう考えても今後衰退していくことが考えられる人類。

その窮地を脱するための人間製造計画ですが、間淵としても、この非人道的な行為は認められないようです。

そんな方法しかとれないなら、いっそ人類など亡べばいいとまで話す間淵。

アカリは、現在の政府の中枢である安全地帯の父島列島にいます。

しかしそこに辿りつくには問題が山積みです

町はアンドロギュノスだらけ、自衛隊の検問、交通手段はフェリーのみで24時間程度かかります。

コミ太
コミ太
絶望的じゃん…
にゃん太郎
にゃん太郎
船どうするんだ!

そこへ向かおうとしていることに唖然とするクラタ。

しかしミキヤのほうは少し楽観的な考えをもっている様子です。

そんな山積みの問題を目の前にしても、イサムの決意はゆるぎません

「可能性なんて知るか…、おれは初瀬を助け出す、それだけだ。」

まとめ

アカリを助けに行こうとするイサムに協力する間淵。

クラタとミキヤも一緒にいますが、同行する感じでしょうか。

随分威勢のいいイサムですが、問題が山積みなのも事実なので、いきおいだけでは不可能だと思われます。

早くも明朝避難所をでる決意を固めるイサムたちですが…。

U-NEXTで今すぐ「リビドーズ」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!