漫画ネタバレ

東京卍リベンジャーズの141話のネタバレと感想!オレの部下は渡さねぇ!!

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

ムーチョが率いる伍番隊は、唯一うちわもめを許された治安維持部隊でした。

それは、ムーチョが隊長の中で1番強かったから・・・。

しかし、〝S62世代〟であり、天竺の創設メンバーであるムーチョは、
イザナと行動を共にすると決めていたのです。

2020年1月15日発売の週刊少年マガジン7号に掲載されている東京卍リベンジャーズ141話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

東京卍リベンジャーズ141話のあらすじ

ムーチョが敵であると発覚。

さらに、乾と九井を連れ去った理由も明らかになります。

その理由を聞いた武道の目は・・・かつてないほどやる気に満ちていました。

東京卍リベンジャーズ141話のネタバレと感想

「アンタの目的は何なんだよ」

ムーチョに尋ねる武道。

黒川イザナについても、イザナの目的はマイキーだけ・・・。

そう言って、ムーチョを説得します。

「ガキが・・・イザナの狙いはマイキーだけだと?」

武道の言葉を聞いていたムーチョは、そう返しました。

続けて、ムーチョは3人を拉致した理由を話し始めます。

そこには、乾と九井が深く関わっていたのです。

 

かつて、黒龍を復活させようとした乾。

自分ではそこまでの力がなかった乾は、大寿の〝力〟を借りて黒龍を復活させます。

対する大寿が、黒龍を復活させる代わりに求めたのは・・・。

九井の黒龍入りでした。

なぜ大寿は、九井の黒龍入りを求めたのか・・・?

その理由は、武道には分かりません・・・。

「九井は金をつくる天才だからだ」

ムーチョは、大寿が九井を欲した理由をそう話します。

〝財力〟・・・イザナが今もなお利用したいのはその〝力〟」

そう続けるムーチョ。

ムーチョが九井をさらったのは、その〝財力〟を求めたからでした。

コミ太
コミ太
黒龍のお金を生み出していたのは、大寿じゃなくて九井だったんだ!
にゃん太郎
にゃん太郎
金を生み出す天才・・・いいなぁ

ムーチョの言葉を聞き、武道は現代でのことを思い出します。

確かに・・・最悪の現代では、いつも九井が東卍にいる・・・。

九井 一。

彼こそ、現代の東卍の〝金〟を生み出していた男だったのです。

「だが、メンドくせぇことに、テメェは乾のいうことしか聞かねぇ

そう話すムーチョ。

天竺は九井の〝財力〟が欲しい。

ただ、九井は乾の言うことしか聞かない。

さらに、その乾は武道の下についている・・・。

この3点が、ムーチョが3人を拉致した理由だったのです。

「だから乾と花垣をここで殺す」

ムーチョはそう断言しました。

2人がいなくなった時、九井は天竺につくしかない。

そう考えたのです。

ムーチョの言葉に、武道が反論しようとすると・・・。

ガッ・・・!!

ムーチョが、武道の顔面を踏みつけました。

「さぁ、どうする?ここでこいつら2人と死ぬか・・・天竺に一緒に来るか、2つに1つだ」

ムーチョは、そう言って九井を脅します。

コミ太
コミ太
3人を拉致した理由が・・・メチャクチャだな・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
普通は、これじゃ九井が仲間にならいないと思う・・・

イザナは九井の天竺入りを求めている。

しかし、イザナの企みはそれだけではないとムーチョは言います。

「九井の〝財力〟、稀咲くの〝ブレーン〟、マイキーの〝カリスマ性〟・・・それを駆使して、最強の〝犯罪組織〟を創る」

イザナの野望を話すムーチョ。

九井に、天竺に来るなら武道と乾を逃がすという選択肢を与えました。

「さぁ!どうする!?九井!!!」

「オレは・・・オレは・・・」

ムーチョの言葉に、冷や汗をかいて呟き始める九井。

その時・・・。

「ココ君・・・こんなクソ野郎の言うこと、聞くひつようねぇよ

武道がそう話しました。

「〝犯罪組織〟を創る・・・そんなこと本気で言ってんならよぉ・・・オレはぶっ殺されても引かねぇぞ

ムーチョにそう言い放ち、傷だらけの武道は立ち上がります。

何度過去を変えても、待っているのは最悪の現代。

そんな負けっ放しの戦いの中で、武道は今1つの勝機を見いだしていました。

九井一を、絶対に天竺に渡してはいけない・・・。

そう思った武道は、希望に満ちた瞳で話し始めます。

「九井一は壱番隊の隊員だ・・・オレの部下は、テメェらなんかに渡さねぇ!!」

「花垣・・・」

武道の言葉と行動に、目を見開いて呟く九井。

九井を守ることが勝機だと感じている武道は・・・。

「俄然、やる気が出てきたぜ」

そう言い放ちました。

 

まとめ

武道が遂に勝機を見出しました。

それは、意外にも身近にあったんですね!

現代の東卍の力の根本は、〝財力〟。

九井を天竺に利用させなければ、最悪の現代が回避される可能性が出てきました。

武道の行動に、九井も心を打たれているように見えます。

この件で、乾と九井は武道につくのではないでしょうか!?

 

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!