漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の257話のネタバレと感想!陽菜の幸せ

 

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

桃源先生から託された書きかけの原稿。

その続きを書くことに決めた夏生は、原稿と向かい合います。

しかし、手は動かず・・・。

そんな夏生を献身的に支え続ける陽菜。

そして・・・ついに夏生の手が動き始めました。

それでは、2020年1月8日発売の週刊少年マガジン6号に掲載されているドメスティックな彼女257話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女257話のあらすじ

小説を書き始めた夏生。

それを支える陽菜は、夏生への思いを必死に抑えています。

今で十分幸せ・・・。

自分に言い聞かせる陽菜に、報われる出来事が・・・!!

ドメスティックな彼女257話のネタバレと感想

ついに原稿を書き始めた夏生。

その手は止まらず、気づけば夜中の1時過ぎ・・・。

休憩を取ろうと部屋を出た夏生は、扉の前に置いてある弁当を見つけます。

陽菜からの物だと気づいた夏生が中を開けると・・・。

『おめでとう』と書かれたメモが・・・。

「ありがとう・・・」

そのメモを握りしめ、夏生は呟きました。

コミ太
コミ太
陽菜ちゃんにしてもいいよね・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
いいこ過ぎる!

その日、陽菜はラマンを訪れています。

夏生が小説を書き始めたことを、報告する陽菜。

マスターたちは、話を聞いて拍手をするのでした。

喜ぶマスターは、陽菜に夏生の疲れを癒す方法を伝授。

蕎麦打ちを教えます。

そして迎えた12月31日。

陽菜は夏生の家を訪れ、手打ちそばを振る舞うのでした。

小説を書くため、家にこもっていた夏生。

その日は実家に帰ることを決めます。

実家に帰った夏生は、久しぶりに会った両親、陽菜と共に初詣へ。

陽菜と2人で引いたおみくじの結果は・・・。

「小吉!」

せーので見せた2人の声が、重なりました。

小吉でも違う内容のおみくじを、見せ合う2人。

そこで、陽菜は恋愛の欄に目が開きます。

『恋愛  叶う』

その言葉を見た瞬間、大きく首を振る陽菜。

話をやめ、くじを結びに向かいました。

「この期に及んで、なに勘違いしそうになってんのよ・・・」

そう自分に言い聞かせるのでした。

コミ太
コミ太
もどかしいね!
にゃん太郎
にゃん太郎
夏生に心境の変化はないのかな?

さらに時は進み、2月。

陽菜は再びラマンを訪れます。

仕事帰りに店に寄った陽菜は、ある客を見て声を上げました。

「柊さん、桐谷先生!」

2人はラマンで飲んでいたのです。

話に入った陽菜は、夏生が書けるようになったと桐谷に報告。

その話を詳しく聞きたいと答える桐谷は、陽菜を加えて飲み始めるのでした。

ラマンで飲み始めた3人ですが、すぐに陽菜が泣き始めます。

夏生が小説を書けるようになったことを喜んぶ陽菜。

そこに割って入ったのは、陽菜の元彼である柊です。

夏生との関係に進展があったのかを尋ねます。

「彼が選んだのは、私じゃありません」

しつこい柊を黙らせるように話す陽菜。

その言葉を聞いて、柊は怒り始めました。

陽菜を選ばずに、自分のサポートだけさせている。

そう勘違いしたのです。

「小説のサポートは、私がお願いしてやらせてもらってるの」

柊の誤解を解くため、話す陽菜。

そんな陽菜に対し、柊は尋ねます。

「君はそれで幸せなのか?」

夏生の姿を思い浮かべた陽菜は・・・。

「ええ幸せですよ、私今、すごい幸せ」

笑顔でそう返しました。

コミ太
コミ太
これが本心なの・・・?
にゃん太郎
にゃん太郎
切ない・・・

その日、ラマンを後にした陽菜。

自宅へと帰る途中・・・。

「ヒナ姉!」

そう声をかけたのは夏生。

陽菜を探して歩いていたのです。

「なんでここに?小説は?」

そう尋ねる陽菜に対し、夏生の答えは・・・。

「完成したんだよ、原稿」

夏生は桃源先生が残した5本の短編を完成させたのです。

完成した原稿を、急いで持って来たと話す夏生。

「ずっと支えてもらったヒナ姉に、一番に読んでもらいたくて」

そう言って、夏生は笑顔で原稿を差し出します。

夏生の言葉を聞き、目を潤ませる陽菜。

涙を堪えきれなくなり、手で顔を覆うと・・・。

「・・・ありがとう」

そう言って、原稿に手を伸ばすのでした。

 

まとめ

今で十分幸せ。

そう、柊に話していた陽菜。

その言葉は強がりのように見えましたが、最後の涙は本当の幸せを得た涙でした。

これだから夏生はモテるんでしょうね!

ここから、瑠衣との三角関係も分からなくなると思います。

陽菜の大逆転も、あるかもしれません!

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!