漫画ネタバレ

金田一37歳の事件簿47話のネタバレと感想!~覆るアリバイと奈落から見えたトリック

▼金田一37歳の事件簿のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めますよ♪

金田一の高校時代に殺人事件に巻き込まれた函館異人館で再び起きた死亡事件。

舞台上で銃によって死んだデスペラードのメンバー赤座光輝と綾野木ルカ・・・

そして、あたかもその殺人を自分がやったのだと匂わす遺書とともに宙吊り死体となって発見された水島。

一連の殺人の犯人は水島だということで事件が解決されようとする中、金田一は一人、探偵の勘により異議を唱えるのでした。

捜査する中で金田一は舞台幕から漂う火薬の匂いに気づきました。

この火薬の匂いこそ事件解決の糸口になるものだと金田一は確信!

そして、こう言い放つのです。

「真犯人・・・碧血鬼の巧みな心理的ミスディレクションにまんまと誘導されていたんだ!」と。

それでは、2019年12月24日発売のイブニング2020年2号に掲載されている金田一37歳の事件簿47話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

金田一37歳の事件簿47話のあらすじ

舞台のあちらこちらを調べていく中で発見したのは舞台幕から漂う火薬の匂い!

左側の舞台幕には強い火薬の匂いがしますが、右側からはほとんど匂いがしません。

このことから金田一は、犯人が巧みな心理的ミスディレクション(注意を意図していない別の場所に向かせる場所やテクニック)を使ったと断言します。

だとしたら、幸村が行ったアリバイ検証は根底から覆されると金田一は続けました。

今まで犯人候補から外れた者も犯人たりうるって事です。

しかし、どのようなトリックを使ったのか?

まだ金田一の仮説を裏付ける確たる証拠が見つかりません。

改めて関係者から話を聞く中で、マネージャーの壇はるみから水島の遺書に不可解な点があるとの話が出ました。

これは大きなヒントとなります。

その話を聞き、金田一の頭脳はフル回転して行くのです!

徐々に追い詰められていく犯人・・・

果たして金田一のあの名セリフ「謎はすべて解けちまった」を聞くことが出来るのでしょうか!

金田一37歳の事件簿47話のネタバレと感想

「俺たちは根本的な見落としをしていたのかもしれない」

真犯人の心理的ミスディレクションにまんまと誘導されていたんだ

と金田一は言います。

そして、その証拠とも言えるのものが舞台幕に付いた火薬の匂いだったのです。

左側の幕には強い匂いがありますが、右側にはありません。

どうやら、この事が犯人のトリックを暴く大きなヒントみたいですよ。

でも金田一は、話が長くなるからと言って詳しい話を教えてくれないのでした。

コミ太
コミ太
ミステリーの常套手段とはいえケチっ!教えてくれたっていいじゃん!
にゃん太郎
にゃん太郎
でも、あっさり教えてるってのもどうなのよ?読者に推理する楽しさを与えてくれてるとも言えるんじゃない?

確かにそうですね。ここは読む側もしっかり推理を楽しんじゃいましょうよ。

さて、金田一は答えを言う代わりにこう言いました。

「これで幸村警視がやっていたアリバイ検証はなんの意味もなくなる」と。

コミ太
コミ太
ということは、今までアリバイがあると思われていた人も犯人になりえるって事だね!
にゃん太郎
にゃん太郎
犯人候補から外れてた人の当日の行動をもう一度見直さないとね!

この時点ではまだ金田一にも犯人像が見えていません。

金田一は事件の流れを検証する為にルカが舞台で銃弾に倒れた時のビデオを観ることにしました。

特に金田一が気にしたのは、ルカが撃たれた後にどうなったかです。

検証すると、ルカは撃たれた後に滑り台に倒れ込み、舞台の袖に用意してあったマットに倒れ込む流れでした。

金田一は撃たれた時の血糊がどうなっていたのかも気にしています。

コミ太
コミ太
もしかして、ルカは舞台で撃たれたんじゃなくて滑り台から落ちる時とかマットに倒れ込んでから撃たれたとか?

その当たりは警察の検証を待つことにして、金田一は壇に事情を聞くことにしました。

改めてアリバイ検証をするという事です。

赤座が撃たれた時に壇は、演出家の海枝たちとともに関係者席にいたとの事。

しかし、その話とは別に壇はひっかかってる事があるそうです。

それは水島の遺書についてでした。

水島は白い衣装ではなく、普通の衣装を着たいと言って自分で衣装替えしたそうなのです。

にゃん太郎
にゃん太郎
でも、水島は白い衣装を着た状態で宙吊りになって死んでいたんだよね!
コミ太
コミ太
しかも遺書には「舞台が続けば着るはずだった衣装を纏(まと)い」って書いてあったよね。おかしいじゃん!

という事は、自殺じゃなくて、衣装替えする事を知らなかった誰かに殺されたとも考えられますよね。

壇の話を聞くと金田一は固まったように動かなくなりました。

そう、ついにスイッチが入ったのです。

金田一は頭をフル回転、周りが全く目に入らなくなっているのでした。

さて、警察の捜査も進み舞台はすっきりと片付いて沢山あった大道具も片付けられてしまっています。

では大道具はどこに?

それらは、どうやらせりを使って奈落に片付けられたようです。

そういえばまだ奈落は調査していません。

その広大な空間に驚くとともに、金田一の視線は床と天井にわずかにあるすき間に釘付けになりました。

そして金田一はこう言います。

犯人は水島殺しにも思わぬミスディレクションを仕掛けてきたんだ」と。

さらにこう続けました。

謎がすべて・・・溶けちまった」と。

お~ついに出ました、名セリフ!

相変わらず力の抜けそうなセリフですが、やっぱり金田一は何歳になっても名探偵ですよね。

にゃん太郎
にゃん太郎
金田一によると、ルカにも水島にも心理的ミスディレクションを使ったって事だよね!
コミ太
コミ太
ルカの殺人を解く鍵は滑り台じゃないかと思うけど、水島の殺人はさっぱり分からないや!

ポイントは、金田一が釘付けになっていた床と天井のすき間なんでしょうね。

でも、犯人は大きなミスを犯した事は確かです。

それは、温めたままのコーヒーポットと2つ用意されたカップとソーサーであり、水島の遺書。

水島の自殺説は覆されようとしています。

犯人の背中に金田一の姿が今はっきりと見えてきているのではないでしょうか。

次回はおそらく解決編になると思いますよ。

お正月休みを有効に使ってしっかり推理を楽しんでくださいね!

まとめ

ここに来て分かったのは、今までのアリバイ検証が全く意味のないものだった事です。

そして、ルカの死に関しては滑り台の謎、水島の殺人については奈落で金田一が凝視した床と天井のすき間が大きなヒントになるのではないでしょうか。

動機も今の処見えてきませんね。

何故二人を殺す必要があったのか、東京で起きた殺人との関係はどうなのか・・・

まだまだ多くの謎に溢れたこのストーリー、次話ではきっと金田一がすっきりと解き明かしてくれることと思います。

そして、忘れてはいけないのが幸村警視!

金田一をどうこの殺人事件の首謀者に祭り上げるのかも楽しみの一つです!

最大のクライマックスを迎えるであろう次号の内容が気になります!

次号は1月14日(火)発売です。

▼金田一37歳の事件簿のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!