漫画ネタバレ

リビドーズ50話のネタバレと感想!安全地帯

▼リビドーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

3年前と同じくアンドロギュノスを退けたイサム。

アンドロギュノスがイサムを恐れる理由とは…。

それでは、2019年12月26日発売のヤングジャンプ4号に掲載されているリビドーズ50話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

リビドーズ50話のあらすじ

アンドロギュノスを退け、結果的にミキヤとクラタを救ったイサム。

クラタはイサムに礼を言おうとしますが…。

リビドーズ50話のネタバレと感想

礼を言うクラタを見つめるイサム。

クラタを幻覚と勘違いしてしまい、そのまま意識が薄れていき気絶してしまいます。

コミ太
コミ太
2年間眠ってたんだもんね…
にゃん太郎
にゃん太郎
手術の影響も大きそうだ

2人の前で倒れこむイサム。

ミキヤはイサムを見つめ、リビドーズであると認識しています。

一応命の恩人であるため、イサムを避難所まで運ぶミキヤ達

避難所に戻ったミキヤたちは、間淵のところへイサムをつれていきます。

ぼんやりしながらも目を開くイサム。

死んだと思っていたイサムを目の前にして、間淵は涙が止まりません

2年前置き去りにして自分達だけ避難したことを謝罪し続ける間淵。

しかしイサムは当時の状況をまったく覚えておらず、どれくらいの年月がたったのかも認識していません。

記憶はあまりないものの、アカリのことだけは覚えています

間淵にアカリの所在を確認するイサム。

間淵曰く、アカリは生きているものの、女性避難所とは別の、完全な安全地帯の孤島にいるようです

政府があまり機能していないこの状況で、その安全地帯の孤島では、ある実験が行われています。

2年間出生率0%の日本、この状況を危機と感じた政府は、非感染者の女性を実験体にし、人工的に人間を製造する研究を進めていました。

なんとアカリもその対象者になっていたのです。

コミ太
コミ太
まぁ出生率0じゃ仕方ないか…
にゃん太郎
にゃん太郎
けどあまりに非人道的すぎるような…

間淵からその事実を聞き言葉を失い、驚きの表情を見せるイサム。

そしてその研究を中心となって推し進めているのは、かつての特別捜査官田丸でした。

2年前手術時に、イサムの命も救えるよう懇願した田丸ですが現在は…。

まとめ

男女が隔離された世界、男性避難所、女性避難所以外に、完全の安全地帯にも生存者がいました。

アカリが実験対象者と知り、イサムはどのような行動にでるのでしょうか。

そして実験対象者たちは、自分達が実験体であることは知らされていない様子です。

この研究を推し進める田丸の真意とは…。

U-NEXTで今すぐ「リビドーズ」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!