漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の256話のネタバレと感想!動き出した夏生の時間・・・。

 

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

最後に師である桃源先生と登山をした夏生。

師からの言葉に、胸打たれます。

その後、亡くなった桃源先生・・・。

葬儀が終わると蔦谷が夏生に歩み寄り・・・師から書きかけの原稿を託されるのでした。

それでは、2019年12月25日発売の週刊少年マガジン4・5号に掲載されているドメスティックな彼女256話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女256話のあらすじ

桃源先生から書きかけの原稿を託された夏生。

葬儀の後に行われた、出版社が開くお別れ会にも出席し、改めて師の偉大さに気付くのでした。

師の意思を受け継ぎ、原稿に向かう夏生・・・。

止まっていた時間が・・・動き出します・・・。

ドメスティックな彼女256話のネタバレと感想

「俺、続き書くよ・・・先生の小説、俺が完成させる」

そう決意する夏生。

 

小説を書けなくなってしまった夏生ですが、〝意地でも書く〟。

そう断言するのでした。

 

生前、桃源先生とともに各地に取材に言っていた夏生。

そんな先生の思いを知っているからこそ、その思いを埋もれさせたくないと強く思うのです。

 

「絶対に完成させる」

夏生は陽菜に対し、さらに決意を口にします。

 

その言葉を聞いた陽菜は・・・。

「できるよ、ナツオくんなら」

夏生の手を握り、そう声をかけるのでした。

 

コミ太
コミ太
また小説に向かう気になったんだね!
にゃん太郎
にゃん太郎
先生はこうなるのが分かっていたのかもねぇ

 

桃源先生から託された小説の続きを書く。

その決意を、夏生は蔦谷にも打ち明けます。

 

夏生の話を聞いた蔦谷は、夏生の行動に賛成。

むしろ、桃源先生もそれを願っていると話すのでした。

 

葬儀が全て終わり、夏生が桃源先生の写真を眺めていると・・・。

陽菜が声をかけてきます。

 

「預かっていたもの、返すね」

そう言って陽菜が取り出したのは・・・夏生が捨てた原稿用紙・・・。

いつか夏生が小説に向き合った時のために、陽菜はそれを取っておいたのです。

 

「ありがとう・・・」

嬉しそうに原稿用紙を受け取る夏生。

その様子を見て、陽菜も嬉しそうな表情を浮かべるのでした。

 

コミ太
コミ太
夏生が前向きになって喜ぶ陽菜ちゃん・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
夏生は瑠衣ちゃんを選んだのに・・・健気すぎる・・・

 

小説の続きを書こうと、原稿用紙に向かう夏生。

しかし・・・ペンが動いていません・・・。

 

そんな夏生の部屋に現れたのは陽菜。

牛丼をデリバリーし、夏生の様子を見に来たのです。

原稿に手がつかない夏生を、陽菜は献身的に支えようとしているのでした。

 

「これからまた差し入れ持っていくの?」

そう尋ねるのはラマンのマスター。

 

夏生の家に通い続ける陽菜に、コーヒー豆を手渡しています。

「そうここのコーヒー飲ませてあげたくて」

そう答える陽菜。

 

夏生が瑠衣を選んだことを知っているマスターは・・・。

「彼を諦められない・・・?」

そう尋ねました。

 

その問いに、陽菜は違うと答えます。

「今はとにかく、彼の力になりたい・・・ならなきゃいけないって思ってるんだ」

陽菜の答えを聞いたマスターは、その感情を本能だと思うのでした。

 

コミ太
コミ太
いい子すぎる・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
これは、まだ分からないんじゃないかな?

 

その日は、桃源先生のお別れ会。

出版社が会を開き、関係者を呼んでいます。

 

巨大な会場を見て、驚く夏生。

しかし、その会場でも入りきらないほど多くの人が押しかけていました。

 

テレビでもライブ中継があり、改めて師の偉大さに気付く夏生。

後悔ばかりと言っていた桃源先生の言葉を思い出し・・・。

「こんなにも多くの人に愛され、尊敬され、影響を与えていたんですよ・・・」

そう感じます。

 

「続き、書くんだってね」

お別れ会の後、夏生に尋ねてきたのは華。

華は、桃源先生の実の娘です。

 

そんな華を差し置いて、自分が原稿を受け継いだ・・・。

夏生はそのことを華に謝罪します。

 

対する華は、そんなことは気にしていない様子。

「あたしは頑張って、先生に追いつけるような作家を目指す」

そう語るのでした。

 

家に戻り、再び原稿に向かう夏生。

桃源先生の真似をしようとしてもダメ・・・そう自分に言い聞かせます。

師の気持ちになって、桃源先生は何を感じ、何を考えていたのか・・・。

 

そう考えると・・・夏生の手が動き始めたのです。

原稿用紙に文字を書き込んでいく夏生。

その姿には、桃源先生が重なって見えるのでした。

 

夏生が原稿に向かう部屋の外には・・・陽菜の姿が・・・。

原稿に当たるペンの音を聞いた陽菜は、その場で涙を流します・・・。

まとめ

原稿に向かう夏生を献身的に支える陽菜。
彼女の優しさを、夏生に分かってほしいです。

ただ、夏生が再び小説を書き始めたのは良いことですね。
今は必死すぎて自分しか見えないのかもしれません。

瑠衣との三角関係も・・・まだまだ分かりませんね!!

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!