漫画ネタバレ

ワールドトリガー188・189話のネタバレと感想!隠し玉

▼ワールドトリガーのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでジャンプスクエアを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってジャンプスクエア電子版が無料で読めますよ♪

ついに開始したB級ランク戦最終戦。

弓場隊、生駒隊、そして二宮隊犬飼に包囲された絶対絶命のヒュース。

包囲脱出の手立てとして、千佳にメテオラを撃たせますが…。

それでは、2019年12月4日発売のジャンプスクエア1月号に掲載されているワールドトリガー188・189話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ワールドトリガー188・189話のあらすじ

弓場隊スナイパーの外岡の狙撃によって、千佳のメテオラは狙撃されてしまいます。

それによって暴発するメテオラに千佳と遊真は…。

ワールドトリガー188・189話のネタバレと感想

咄嗟のシールドで自身と遊真を守る千佳。

そこに修がかけつけ、ヒュースと合流するため3人は移動を始めます。

玉狛を仕留め損なった外岡は、このまま玉狛を追跡し、隙を見てもう一度狙う動きを見せます。

コミ太
コミ太
割と強者だな外岡…
にゃん太郎
にゃん太郎
完全に姿をくらまして動いているしね

修はメテオラに狙撃したのは外岡だと気づいています。ヒュースとの合流を目指すも、なんとかして外岡を倒しに行きたい修。

南方向にいることはわかっていますが、詳しい位置はわかっていないため、外岡を倒しに行くことは一先ず断念します。

南からの射線が切れる場所があれば、遊真が単独でヒュース救出、修と千佳は援護地点に陣を張る作戦で動き始めます。

一方6名による完全包囲を凌ぎ続けるヒュースですが、片腕、片足が削れ、残りトリオンも少なくなってきています。

足の損傷で機動力を失い、防戦よりの戦い方になってきているヒュース。

解説の小南は、包囲している側の6名も敵同士であり、付け入るスキはそこにあることを指摘します。

包囲しているのは生駒隊3名、弓場隊2名、二宮隊は犬飼1名です。生駒隊はスナイパー隠岐も近くに潜んでいます。

この状態でヒュースが落ちれば、一転して生駒隊が有利になるため、弓場隊と犬飼は生駒隊への警戒も怠っていません

この包囲陣の状態はヒュースも気づいていますが、さすがになんとか脱出したいヒュース。

近辺に数個のエスクード、頭上から周囲にアステロイドを放ち、再び脱出を試みます。

しかし水上、犬飼の中距離攻撃によって脱出を阻まれてしまいます。

コミ太
コミ太
包囲している側も敵同士で考えはバラバラだけど、ヒュースを取り逃がしたくはないからね
にゃん太郎
にゃん太郎
このままじゃヒュースは隠し玉のバイパーを使わずに落ちるんじゃ…

続けてヒュースに旋空弧月を放とうとする生駒ですが、生駒の足元にカタパルト上にエスクードを生やし宙に浮かせるヒュース。

自身もエスクードカタパルトを使い、再度包囲脱出を試みますが、空中にいる生駒からの旋空弧月によって阻まれ、もう一本の足も切断されてしまいます。

コミ太
コミ太
空中からあててくるとか…
にゃん太郎
にゃん太郎
ついに両足が…

ヒュースの脱出しようとした方向が、二宮のいる方向だったことに気づく犬飼

隠し玉の存在を知る犬飼は、ヒュースが二宮を狙っていることを勘繰ります。犬飼からその報告を受け、バックワームを使い隠密行動を開始する二宮と辻

二宮隊の動きを警戒した生駒隊は、ヒュースを仕留めようと総攻撃に移ります。再度旋空弧月で狙ってくる生駒を、弾丸で迎え撃つヒュース。

生駒は旋空弧月をやめフルガードで防御態勢に入りますが、なんとここでヒュースが放った弾丸が、隠し玉のバイパーでした。

フルガードを躱して、生駒の全身につきささるバイパー

そのバイパーは生駒を攻撃したあと軌道転換し、後方からヒュースを狙う南沢へ向かっていきます。

しかし水上のフルガードサポートにより、南沢へ向かうバイパーは防がれます。

そのままヒュースを一刀両断する南沢

その状況を見てすでに動き出していた弓場隊。水上を弓場が、南沢を帯島が狙います

南沢はギリギリ防御しますが、南沢のサポートに気をとられていた水上は、弓場の早打ちの餌食となってしまいます。

一瞬にして生駒、水上、ヒュースの3名がベイルアウトします

ヒュースを失い、狙っていた形で二宮を迎え撃つことができなくなった玉狛第二。

千佳は自分のメテオラが失敗したがために、ヒュースが落とされたと思い責任を感じています。

作戦室から通信で千佳に呼びかけるヒュース。

「遊真と修をたのむ。オレの代わりに」

まとめ

ヒュースが生駒、南沢がヒュース、弓場が水上を落とし、玉狛第二、弓場隊、生駒隊にそれぞれ1点が入ります。

ヒュースが隠し玉を生駒に使ったことによって、有利と思われていた生駒隊が南沢と隠岐のみになりました。

姿をくらましている隠岐と外岡が、今後のキーマンとなりそうです。

そして強敵二宮隊は全員残っています。

結局ヒュースなしで二宮と戦うことなってしまった玉狛。

ヒュースに託される千佳ですが…。

U-NEXTで今すぐ「ワールドトリガー」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!