漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ224話のネタバレと感想!支笏湖

▼ゴールデンカムイのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

鶴見一味に対抗するため、居場所を移し準備を整える土方一味。

土方や尾形はかなり鶴見を警戒している様子ですが…。

それでは、2019年12月19日発売のヤングジャンプ3号に掲載されているゴールデンカムイ224話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ゴールデンカムイ224話のあらすじ

夜の雨竜川にて白鳥狩りをする杉元とアシリパ。

白鳥は食べたあと頭を木幣で包み、また生まれ変わり戻ってくる意味を込めて川へ流すそうです。

そのころ、砂金を見つめ思いふける白石ですが…。

ゴールデンカムイ224話のネタバレと感想

平太の形見である砂金を見つめる白石。

ウェンカムイを自分の中に感じていた平太ですが、砂金採りの腕は本物でした。

砂金にもいろいろは特徴があり、採れた川ごとに砂金の標本を保管していたのです。

つくづくおしい人を亡くしてしまったと悔やむ杉元と白石。

コミ太
コミ太
平太っていうより砂金採りの技術にだね…
にゃん太郎
にゃん太郎
二人の砂金に対する執念は恐ろしい…

過去にアイヌによって集められた砂金は、一か所に集められ隠されていました。

その在処を知る7人のアイヌが殺されたのっぺら坊事件

白石はその7人以外に、在処を知っている人がいる可能性を勘繰ります

のっぺら坊が隠し場所を移したとはいえ、遠くへは動かせないと考える白石

元々隠していた場所を知る者であれば、今も砂金の採れた川の近くに住んでいる可能性は高いと予想します。

さらに埋蔵金の砂金が、どこで採れたものかを割り出せれば、さらに絞り込みが可能になります。

過去にのっぺら坊が砂金の一部を持ち出し、その砂金を乗せた船は支笏湖で転覆し底に沈んだという谷垣の話を思い出す白石。

杉元は白石の話を整理します。

支笏湖で沈んだ砂金を見つけ、熟練の砂金採り師に産地を特定させます。

次に産地周辺で埋蔵金の隠し場所を知っている人物を探し、のっぺら坊が移した隠し場所を割り出そうという算段です。

4つのも工程があり、各工程の難易度が高すぎると指摘する杉元

支笏湖は北海道で一番深いため、まず回収が無理だと話すアシリパ。

しかし支笏湖の砂金の回収と、産地特定の査定は、すでに平太によって済んでいたのです

コミ太
コミ太
平太の残した砂金の標本に支笏湖の砂金があったんだね!

実は今より1年も前の話、平太は海賊房太郎とともに支笏湖を訪れていました。

海賊房太郎は海育ちで、尋常ならざる潜水技術を用い、支笏湖に沈んだ砂金を回収していたのです。

さらにその砂金を平太が査定し、その査定済みの標本が白石の手元にあります。

なんと4つの工程のうち、2つまで完了している事実に驚くアシリパ。

平太の鑑別によって、川の名前まで割り出してあります。

その標本には回収者である海賊房太郎の名前ものっています。

網走脱獄囚24人のひとりであることを知る白石

平太が割り出した川にいけば、海賊房太郎に会えると考える杉元ですが…。

まとめ

前回存在が明らかになった網走脱獄囚のひとり海賊房太郎。

なんと平太と砂金でつながっており、次の杉元の標的となります。

脱獄囚のなかでも屈指の強靭な体を持つ海賊房太郎に対し…。

U-NEXTで今すぐ「ゴールデンカムイ」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!