漫画ネタバレ

コレットは死ぬことにした92話のネタバレと感想!花冠の秘密

▼コレットは死ぬことにしたのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って花とゆめ電子版を読むのがおすすめです!花とゆめ電子版で最新話を読む場合は、花とゆめ1刊遅れで先読みできますよ。

愛の女神アフロディーテに、好きな人に何をしたら喜んでもらえるかと尋ねたコレット。

アフロディーテのアドバイスは、自分から相手にキスをすることでした。

コミ子
コミ子
恥ずかしくてコレットは自分からキスすることができなかったのだけど、どうなったかしら?

それでは、2019年12月5日発売の花とゆめ1号に掲載されているコレットは死ぬことにした92話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

コレットは死ぬことにした92話のあらすじ

ハデスに優しく触れられキスをされるコレット。

ハデスは何度もコレットにキスをしますが、コレットからのキスを求めます。

体が熱くなりとろけそうになりながらも、コレットはハデスに…。

コレットは死ぬことにした92話のネタバレと感想

ハデスの優しいキスと眼差しに溶けそうになるコレット。

ハデスはコレットからのキスを求めつつ、キスをされたらコレットは部屋に帰ってしまうだろうからキスをさせたくないと言います。

「まだお前と、ここにいたい」

体が熱くなりながらも、コレットもハデスと一緒に居たいからキスをしないと言い出します。

「でもハデスさまももうしちゃだめ。明日ハデス様の顔見るの…恥ずかしくなっちゃうから」

だめ

顔を赤らめながらキラキラとした目で見つめるコレットにハデスも撃沈。

これ以上キスをしないことを誓い、2人は寄り添って一夜を過ごしました。

コレットが目覚めるとハデスは裁判所へ出かけた後でした。

そして頭の取れたガイコツから、ディオが今日は来れないことを知らされます。

コミ子
コミ子
ガイコツはハデスからコレットが自分のベットで寝てることを知らされ、冷静を保てなくなってたのよね!
にゃん太郎
にゃん太郎
ハデスのプライベートに立ち入ってはいけない、と思いつつも頭が取れてしまうのってハデス大好きガイコツだから仕方ないのかな。

ぴぎゃああああああ。

いきなり冥府にクロノスの泣き声が響き渡ります。

クロノスは花冠をつけながら、コツメの前でかんしゃくを起こし駄々をこねてました。

「いやじゃあ、いやじゃあああ!!」

クロノスは晴れているエリュシオンから出たくなかったけど、ひとりで留守番するのも嫌で、花冠も急いで作ったもので自分をないがしろにしているとかんしゃくを起こしていたのでした。

「今日わしはエリュシオンで過ごしたい。でも誰もおらんのはつまらんのじゃ」

か細い声でほろほろと泣くクロノスを可哀相に想うコレット。

コレットは人間の身でも神様のアイテムでエリュシオンに行けることが分かり、クロノスと一緒にエリュシオンに行くことにしました。

広大なお花畑が広がるエリュシオンに着いたコレットたち。

「うわーっ、すごーい!!」

その風景にはコレットも感動です。

エリュシオンにはコツメもクロノスに誘われて一緒について来ました。

機嫌が直ったクロノスはコレットとコツメを自分の宮殿へと案内します。

コレットはクロノスと親睦を深めようと、大事そうにしている花冠のいきさつを尋ねました。

「これは約束なのじゃ。わしとあいつらの」

クロノスはゼウスたちによってエリュシオンに放り込まれた後、この島の王になったと語り始めました。

誰にも邪魔されず快適に過ごせる自分の島。

しかし、毎日毎日、毎日毎日…晴れても雨が降っても自分以外だれもいないずっとひとりぼっち。

『ここには誰もいないのか』

クロノスは寝ることにし、二度と起きるものか、生きていたって何にもならないのだから、とどれくらいの間寝たかもわからないくらいずっと寝続けました。

ひとりはつまらん、ひとりは寂しいと思いながら…。

ある日人の声が聞こえ目を覚ますと、目の前にはラダマンテュスたちが座っていました。

「おはようございます、はじめまして」

ラダたちはゼウスの命によりクロノスのお世話係になったことを伝え、花冠をクロノスの頭にかぶせます

「クロノス様、よかったらこれプレゼントです。クロノス様が起きるのを楽しみに待っていたものでっ」

『待っていた?』

3人を見つめるクロノスの目にはうっすらと涙が浮かんでいました。

クロノスの昔話を聞き号泣するコレットとコツメ。

クロノスは自分の話を誰にも言うなと言い、宮殿はすぐそこだと嬉しそうに指さします。

「コツメよ、コレットよ。そこじゃそこじゃ」

コレットはクロノスのことを不遜で可愛らしい神様だと感じました。

コミ子
コミ子
思わずクロノスの秘密を知っちゃったわね。コレットは神様と仲良くなるのがうまいわぁ。
にゃん太郎
にゃん太郎
しかもちゃんと名前で呼んでもらえたね。

まとめ

エリュシオンでのクロノスとラダたちの出会いの話が聞けましたね。

花冠にはクロノスをひとりにしないという想いが詰まっているんですね。

エリュシオンにあるクロノスの宮殿も気になります!

次回が待ち遠しいです!

▼コレットは死ぬことにしたのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!