漫画ネタバレ

キングダム625話のネタバレと感想!矛盾

▼キングダムのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

李牧より語られる龐煖の武神としての道。

答えに導く李牧、答えを持つ者信。

龐煖と信と戦いは…。

それでは、2019年12月12日発売のヤングジャンプ2号に掲載されているキングダム625話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

キングダム625話のあらすじ

負傷しながらも龐煖と五分の戦いを繰り広げる信。

信と龐煖の死闘が続く最中、李牧軍正面では王翦軍が…。

キングダム625話のネタバレと感想

最前線で相対する糸凌と馬呈。

共伯将軍を討ち取ったさすがの糸凌も、馬呈に苦戦しています。

糸凌が馬呈を抑えているうちに敵軍を突破し、本陣に向かおうとする王翦軍。

しかし倉央と田里弥は、足元まで秦軍が迫りつつも、退避しない李牧に不信感を抱いています。

その時、後方で傅抵隊と馬南慈軍の挟撃から生還した王翦が、田里弥軍に合流しました。

いまだ李牧が本陣にいることを口にする王翦。これには蒙恬と王賁も驚いている様子です。

コミ太
コミ太
王翦はあまり驚いていない様子だ!
にゃん太郎
にゃん太郎
相変わらず「ほう…」と言っててかなり意味深の王翦…

一方李牧本陣では、本陣守備隊が李牧の退避を進言していますが、一向に動かない李牧

カイネも李牧を退避させるよう促されますが、動こうとはしません。

そのカイネの視線の先にあるのは、激闘を繰り広げる龐煖と信でした。

負傷と疲労がありながらも、武の極みに達している龐煖に対し、一歩もひかず戦い続ける信。

李牧はその信の力を、龐煖の対局にあある力、龐煖が理解できない力だと語ります。

龐煖は17年前と8年前に戦った王騎との敗戦で、武の極みに達していないと考えていました。

しかし李牧は、龐煖は人の武の極みに達していたにも関わらず、王騎に敗れた矛盾を抱えていると話します。

コミ太
コミ太
昔龐煖に敗れた麃公将軍も、この矛盾に気づいていたみたいだね

龐煖から激しい連撃を受けるも、またもや反撃し、龐煖を膝まづける信。

個で武の結晶となった龐煖

それに対し信は、関わる人間たちの思いを紡いで束にし、戦う力を備えていると語る李牧。

信の背後には、漂、王騎、麃公、尾到など、逝ってしまったかつての仲間たちが…

まとめ

王翦が無事窮地から脱し、田里弥軍と合流しました。

李牧が退避しないことを、両軍ともに不信に感じていますが、王翦は龐煖の存在も織り込み済みなのでしょうか。

個の力の龐煖に対し、束の力をもって戦う信ですが…。

U-NEXTで今すぐ「キングダム」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!