漫画ネタバレ

インハンド21話のネタバレと感想!~腸内細菌研究の本来の目的とウンコ到着!

▼インハンドのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めますよ♪

※11月26日(火)発売のイブニング23号のインハンドは休載でした。

衛藤研究室に火を放ち、水野を焼き殺した犯人は、加瀬でした。

火を放ったのは、捏造の証拠を隠滅する為!

そして水野を焼き殺した理由もまた証拠隠滅だったのです。

そんな悪魔のような加瀬に衛藤教授は最後まで騙されて、捏造された論文に加担させらました。

衛藤教授は以前息子を自殺で亡くした過去があります。

何でも言うことをきく息子のような存在が欲しかった衛藤教授にとって加瀬は理想的な存在だったのでしょう。

衛藤教授は、相手が気持ちよくなる言葉を話せる天才の加瀬に完全に騙されてしまったのです。

また、花田発酵生命研究所もまた捏造に加担していました。

それもこれも企業の利益の為です。

こうして、三者の利害が一致した結果生まれたのが、ノーベル賞級とまで言われた捏造論文だったのでした。

科学という崇高なものが、実は企業の倫理のなさ、個人のエゴや名誉欲で汚されているという現状が悲しいほどあぶり出されてしまったです・・・

 

←前 全話一覧 次話→

それでは、2019年11月12日発売のイブニング23号に掲載されているインハンド21話フローラの軛(くびき)⑥のネタバレと感想をお届けします!

インハンド21話フローラの軛(くびき)⑥のあらすじ

水野の殺人の疑いで加瀬は警察に連行されて行きました。

しかし、加瀬は笑みを浮かべるのです。

その自信たっぷりの姿に高家は疑問に感じますが、紐倉はその理由をこう説明します。

彼には良心の軛(くびき)がないんだよ。お前と違って!」と。

その言葉に、高家はこう応えます。

本当は良心が無い方が科学者に向いているんじゃないか?」と。

しかし、それを否定するように紐倉は腸内細菌の研究の本来の意義と目的を高家に、そして読者に説いて行くのです!

今回は真面目に徹するのか、紐倉は!

いや、そうでもなさそうですよ。あの紐倉に限ってそんなはずがありません!!

例のウンコが紐倉のところに戻ってくると、紐倉はいとも簡単にそのウンコを前に・・・キャー!!

インハンド21話フローラの軛(くびき)⑥のネタバレと感想

警察に連行される加瀬。

その手には手錠がかかっています。

しかし、加瀬は全く怯んではいません。

それどころか、笑みを浮かべながら衛藤教授にこう言ったのです。

大丈夫ですよ。全部誤解です。誤解はすぐに解けますよ。」と。

コミ太
コミ太
これだけ証拠があるのになんで自信満々なんだろう?

それについて、紐倉は冷静に高家にこう解説しました。

彼にはお前と違って、良心の軛(くびき)がないんだよ」と。

にゃん太郎
にゃん太郎
軛って、車を引く牛馬の頸の後ろにかける横木のことだったよね!

良心という軛がないから自由に動けるって事ですね。

その言葉に高家はちょっといじけて「どーせ俺は頭ガッチガチだよ」と返しました。

そして、こうも言います。

でも本当は良心が無い方が科学者には向いているんじゃないか?」と。

コミ太
コミ太
確かに、倫理に縛られていたら画期的な研究や発明は出来ないのかもしれないよね!
にゃん太郎
にゃん太郎
でも、それで良いのかな?

紐倉は、高家の言葉を否定するように、こう言います。

「軛から自由になったからってどこかにたどり着けるわけじゃない」と。

そしてこう続けました。

彼らは過度な競争主義に煽られて、短期的な成果主義に走り目的を失った」と。

コミ太
コミ太
目的って何?

紐倉の解説は続きます。

「腸内細菌の研究は素晴らしい。彼らはそれを忘れてしまったみたいだけどね」と。

紐倉によると、腸内細菌は母から無菌で生まれた子供に受け継がれます。

受け継がれた腸内細菌は、多くの食べ物や細菌を通して腸の中で花畑を作っていく。

そしてその腸の花畑が、入って来てはいけない外敵を防ぎ、免疫をコントロールして炎症を防ぐ働きが作られていくのだと。

にゃん太郎
にゃん太郎
腸の花畑は人間にとってとても大事なものなんだね!

しかし紐倉は、科学の進歩がそんな重要な花畑を失わせつつあると言うのです。

コミ太
コミ太
でも、科学の進歩で多くの人が救われてるじゃん?

もちろんそうですが、視点を変えると科学の副作用も見えてくるみたいですよ。

紐倉はその事をこう説明していきました。

「帝王切開は多くの母子を救った。しかし、分娩時の細菌受渡しの機会を減らしてしまった」

「抗生物質は多くの人命を救った。でも、多くの花畑は病原菌とともに焼き払われてしまった」と。

にゃん太郎
にゃん太郎
そうか、科学の進歩は恐ろしい結果を生む可能性もあるって事なんだね!

一度失ってしまった花畑は二度と戻っては来ません。しかし、人類は祖先から受け継がれてきた大切な花畑を失い続けているのです。

最後に、紐倉はこう宣言しました。

僕らは早く彼ら(腸内細菌)の事をしっかり知らなければならない。完全に失う前に!

コミ太
コミ太
それこそが腸内細菌の研究の本来の目的って事なんだね!

そう、そんな崇高な目的を忘れて、短期的な成果主義に走ってしまった結果が今回の事件の動機だって事です。

にゃん太郎
にゃん太郎
今回は考えさせられる話だったね。
コミ太
コミ太
科学を題材にしたこのストーリーにふさわしい終わり方になりそう!

何を言ってるんですか!

このインハンドがそんな当たり前の終わり方をするはずがないじゃないですか。

そう言えば紐倉研究所に、注文していた冷蔵庫が届いたみたいですよ。

にゃん太郎
にゃん太郎
あっ!すっかり紐倉が今回の事件に首を突っ込んだ一番の目的を忘れてた~
コミ太
コミ太
そうだった、冷蔵庫にされている紐倉が命の次に大事にしているアレの事だね!

そう、ウンコです!

冷蔵庫にはたっぷりのウンコが保管されていました。

それを濾過する高家!

その臭さが研究所に漂うのでした。

あろうことか、そのタイミングで助手の潤月がピザを運んできたから大変!

怒り心頭の潤月です。

流石にここで食事は出来ないと潤月は別の部屋にピザを運び出そうとしますが、紐倉は意に介しません。

ここで良いぞ」と言うのでした。

にゃん太郎
にゃん太郎
ありえん!

紐倉は平気でピザをほおばるのです。

コミ太
コミ太
さっきまでの真面目な紐倉が台無しっ!

いや、でもいかにも紐倉らしいじゃないですか。良い子は真似をしない方が良いとは思いますが・・・

にゃん太郎
にゃん太郎
真似したくもないわいっ!

そこに郵便が届きました。

研究用のウンコです。

しかもその差出人は何と衛藤教授だったのです。

紐倉は、衛藤教授と共同研究することにしたそうです。

そんな紐倉に高家は、こう難癖をつけました。

「よくあんな奴と一緒に仕事するな」と。

でも、その言葉にも動ぜず、紐倉はこう言い放つのです。

「ああ見えてうんこ屋としては優秀だからな」と。

あんな事があったけれど、紐倉は評価するところはちゃんと評価しているのです。

さて、高家は、うんこのライフログのデータに興味津々。

その最新のものは5年前のデータです。

そう、それは紐倉が義手の手術を受けた時のものだったのです。

この事が気になり、当時何が起きたのか調べたところ、こんな驚くべき事実が判明しました。

アメリカ陸軍感染症医学研究所で二名の死傷者が出た模様・・・

今回の話はここで終わります。しかし、ついに紐倉の義手の秘密が暴かれのでしょうか。

次回、新シリーズが俄然楽しみになってきました!

まとめ

逮捕された加瀬の笑み。

それは過当競争にさらされる科学者の姿でもあります。

短期的な成果を求めてしまう土壌が現代の科学研究に存在するというのは怖いことでもありますよね。

科学は人を幸せにするもののはずなのに、今回の話のように人を不幸に陥れる事もあるのでしょうから。

しかし、インハンドはシリアスだけでは終わらないのが面白いところですね。

ウンコに始まったのだからウンコに終わるのではないか、と期待したレアな読者も大喜びの展開が待っていました。

しかし、それより気になるのは、5年前の銃撃事件です。

紐倉が義手になった理由は間違いなくこの事件にあるみたいですよ!

ついに明かされるのか、義手の秘密!

その悲劇がどうして起こったのか、銃撃の動機は何だったのか、犯人は誰なのか・・・

次話の内容がとても気になります!

尚、11月26日(火)発売のイブニング23号のインハンドは休載です。

次話は、12月10日(火)発売です。

新シリーズ「プシューケの翅(はね)」が始まりますので今しばらくお待ち下さいね!

▼インハンドのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!