漫画ネタバレ

私たちはどうかしている第52話のネタバレと感想!最後の契り

▼私たちはどうかしているのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでBE・LOVEを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってBE・LOVE電子版が無料で読めますよ♪

椿との対決に向けて試作を繰り返す美桜。

根を詰めすぎて倒れてしまった美桜に多喜川がプロポーズ?!

それでは、2019年11月1日発売のBE・LOVE12月号に掲載されている私たちはどうかしている第52話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

私たちはどうかしている第52話のあらすじ

多喜川のプロポーズに驚いた七桜は、一言も返すことができませんでした。

ですが、結婚と言われて思い浮かべるのは椿の顔…

決戦の2日前、祈祷先の神社で偶然一緒になった七桜と椿。

七桜は椿に、「一晩だけ時間をください」と言います。

その夜宿で会った2人は、最後に体を重ね合わせ…

私たちはどうかしている第52話のネタバレと感想

スランプで倒れてしまった七桜にプロポーズをした多喜川。

この3年間七桜と一緒に過ごして、そういう気持ちを持ったのだそう。

七桜は驚いて何も返事ができませんでした。

結婚の言葉に椿の顔を思い浮かべてしまいます。

でも、花がすみをオープンさせるために、多喜川が七桜に尽力してくれたことにも大きな感謝をしています。

きっと七桜は、椿のことが好きだけれども、多喜川の想いも大事にしたいのでしょうね。

コミ子
コミ子
恋人にするなら椿、結婚するなら多喜川って感じ?
にゃん太郎
にゃん太郎
七桜が椿に恋心を持ったままだと、多喜川は身を引きそうな感じがするんだけどなぁ…

そんなとき、花がすみに光月庵の職人である城島がやってきました。

七桜と椿の勝負が終わって、もし七桜が負けたらどうするのか…

七桜の今後を心配してくれているようです。

城島は自分の実家で受け継がれていたわらび餅を差し入れに持ってきてくれました。

城島も過去に辛いことがあったのですが、後ろを振り向かず前に進んでいます。

私は…?

光月庵にこだわっていることが後ろ向きなことなのかもしれませんが、母の夢を叶えたいと
いう七桜の気持ちもわかりますし、難しいところですね。

きっと城島からすれば、花がすみで楽しくお菓子を作っている七桜が前向きに映るのかもしれません。

勝負の2日前、祈祷に行った神社で偶然会った七桜と椿。

七桜は勝負の前に一晩だけ椿の時間が欲しいと言います。

その日の夜、宿に現れた椿に七桜は子どもの頃の気持ちと今の自分の心の葛藤を話しました。

「今夜だけ最後に私を抱いてほしい 勝っても負けても明後日が私たちの最後になるから」

七桜は明後日の勝負で、椿のことも光月庵のこともすべて最後にし、自分の気持ちにケリをつけることにしたのですね。

その夜結ばれた2人…

あの頃のように幸せで夢みたいな気持ちをかみしめた七桜は、朝早く自分の店に戻り、運命の日に備えるのです。

まとめ

最後に七桜が素直になって、またそれを椿が受け入れてよかったな~と思いました。

2人にとっては決別の契りなのでしょうね。

もし七桜が勝ったら椿はどうなるのかな…と気になるところです。

光月庵を追い出されてしまうのでしょうか…

次号の内容が気になります!

▼私たちはどうかしているのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでBE・LOVEを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!