漫画ネタバレ

ちはやふる第220首のネタバレと感想!千早とその仲間たち

▼ちはやふるのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでBE・LOVEを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってBE・LOVE電子版が無料で読めますよ♪

千早と詩暢の第一試合は詩暢の勝利となりました。

でも、本当に追い込まれたのはどっち?

それでは、2019年11月1日発売のBE・LOVE12月号に掲載されているちはやふる第220首のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ちはやふる第220首のあらすじ

千早と詩暢の第一試合は詩暢の勝利となりました。

ですが、詩暢にとっては後味の悪い結果です。

千早は、自分がもっと強く主張すべきだったと後悔しましたが、気持ちを切り替えて試合内容の反省をしています。

名人戦の方は、新が勝ちました。

休憩時間をそれぞれに過ごす4人、千早のもとには仲間たちが集結です。

それぞれの想いを胸に臨む第二試合は…?

ちはやふる第220首のネタバレと感想

千早と詩暢のクイーン戦第一試合は7枚差で詩暢の勝ちとなりました。

最後の1枚は、千早は自分の取りだと確信していましたが、詩暢は自分の取りかはっきりしなかったようです。

だから審判に判定を委ねたのですね。

なんだか詩暢らしくないな~と思いました。

以前新が、「クリーンな取りやなかったらオレの取りではない」と言ったことがありました
が、詩暢も同じタイプだと思っていたので、ちょっと意外でしたね。

コミ子
コミ子
詩暢にはクイーンのプライドみたいなのはないのかな…
にゃん太郎
にゃん太郎
ここまでの接戦が今までなかったから、詩暢にとっても初めてのことだったのかも

一方名人戦の方は、4枚差で新が勝ちました。

周防さんもどうしたのかなぁ…

目が見えてないのでしょうか、いつもの周防さんらしくない気がします。

もしかしら、千早の負けにあわせてきているのかもしれないですけれどね。

休憩時間になり千早が自分の部屋に入ると、そこには千歳が寝ていました。

頭には自分の枕をあてています。

その姿をみた千早は隣で即寝してしまいました。

周防さんは兼子(ゆきこ)ちゃんと正兄ちゃんとすれ違ったのですが、視界が狭くなっていて気がつきません。

さらに、関係者の周防さん批判まで聞こえてきて、兼子ちゃんたちはショックだったと思います。

せっかく長崎から出てきてくれたのに残念です。

寝てしまった千早が目を覚ますと、目の前にはみんなの顔がありました。

宮内先生、かなちゃん、肉まんくん、机くん、その他瑞沢の後輩たち。

あと10分で試合と焦る千早ですが、そこはかなちゃんがおちつかせてくれます。

「私がいます 着物も襷もあります もう大丈夫ですよ」

千歳が届けてくれた着物、宮内先生の襷、かなちゃんの着付け。

みんなの想いを身にまとい、反撃の時間です!

まとめ

1試合目の終わり方って次に響きますよね。

詩暢にとって2試合目は苦しくなるのではないでしょうか。

今回のお話の中で、千早の父が立つ瀬ない状態で会場にやってきましたが、そこでなぜ送る荷物を間違えたのかが明らかになりました。

千歳もなんだかんだ言いながら千早のことを想ってくれているのだなとほっこりしましたよ♪

さて、次は第二試合です。

千早を助け支えてきた人たちが千早のもとに揃いました。

千早の反撃開始となるか楽しみです!

次号の内容が気になります!

▼ちはやふるのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでBE・LOVEを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!