漫画ネタバレ

東京卍リベンジャーズの135話のネタバレと感想!やっぱり諦めない

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

武道を庇って稀咲に撃たれた直人。

その後、武道もイザナの命令を受けた鶴蝶に撃たれてしまいます。

死の間際、最後の握手を直人は求めました。

その手を握る武道は、〝最後にさせない〟という誓いを胸に、
再び過去へと戻ります!

2019年11月20日発売の週刊少年マガジン51号に掲載されている東京卍リベンジャーズ135話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

東京卍リベンジャーズ135話のあらすじ

過去へと戻ってきた武道。

衝撃の現代のことを考え、必死に走る先は・・・直人の下。

直人と握手をする武道ですが・・・。

東京卍リベンジャーズ135話のネタバレと感想

ドクン・・・。

過去へと戻ってきた武道は、必死に走っています。

 

「大丈夫!!直人が死んでるワケねぇよ」

自分にそう言い聞かせる武道。

 

そんな武道の目の前には、過去の直人が立っています。

「こんな時間に呼び出して、どうしたんですか?」

夜の公園で、寒そうにする直人は尋ねます。

 

その質問に答えること泣く、武道は直人に歩み寄りました。

「きっと握手したら現代だ・・・戻れるさ」

そう考え、武道は直人の手を握りしめます。

 

「頼む・・・頼むよ・・・ナオト・・・」

そう心の中で願いながら、必死に手を握りしめますが・・・。

変化はなし・・・。

 

現代でダメダメな生活を送っていた武道。

そんな武道の前に現われた直人は、いつも傍で支えてくれました。

日向を救うため、仲間を救うため、武道を心配しながら・・・。

 

改めて、直人がいたからここまでやってこられた事に気付いた武道。

「ナオトぉぉ」

そう言って涙を流すのでした。

 

コミ太
コミ太
直人が死んじゃったから戻れないって事?
にゃん太郎
にゃん太郎
そうだね・・・でも武道の意識があるって事は、現代の武道は生きてるのかな?

 

「タケミチ君・・・大丈夫ですか?」

滑り台の下に座り、下を向く武道に直人が尋ねます。

 

「大丈夫・・・呼び出してゴメン・・・帰っていいよ」

武道は顔を上げることなく、そう返します。

 

時刻は深夜2時過ぎ・・・。

武道は未だに公園で下を向いています。

 

そんな武道に近付いてくる影。

その影に気付いた武道は、下を向いたまま話し始めました。

「まだいたのかよ・・・もう帰れって」

そう言っても、影は動きません。

 

その様子を見た武道は、再び口を開きます。

「なぁナオト・・・初めて会った時のこと・・・覚えてる?」

現代で日向が死に、タイムリープした武道。

そこから現代の武道は、直人と共に日向を救うために奔走してきました。

しかし、今はもう未来には戻れない・・・。

 

「トリガーだった未来のオマエは死んじまった・・・どうすりゃいい?」

過去の直人に、未来の話しを続ける武道ですが・・・
そんなことをしても意味が無いことに気付いています。

 

「そうだ!もう1回変えればいいんだ。それでナオトもヒナも助けて・・・そうだよ」

放心状態の武道は、1人言を続けます。

 

「みんな助ければ未来に戻れて・・・・・・・・・・・
また失敗して・・・また・・・・もういいや・・・・オレ、もう死のうかな・・・」

武道がそう呟いた瞬間・・・・首筋に誰かの頭が当たりました。

 

「大好き」

そう話したのは・・・過去の日向。

 

「・・・・・ヒナ?」

そう尋ねる武道。

 

「ウン」

日向はそう答えます。

 

「え?ずっと聞いてたの?」

未来の話しをしていたことに、焦った武道が尋ねます。

 

「ウン、なんかヒナとナオト勘違いしてるみたいだったから」

そう答える日向の言葉を聞き、武道は口を押さえました。

未来の話しを日向にしてしまった・・・。

そう思い焦ったのです。

 

「・・・・・タケミチ君、本当はいくつ?」

そう尋ねる日向。

 

「えっと・・・・26・・・」

おう答える武道に、日向はさらに質問を重ねます。

 

「他に何も聞かないから、一つだけ教えて・・・

未来のタケミチ君は、ヒナにプロポーズしましたか?

 

「いや・・・まだ・・・・でもオレはずっと・ ・・

結婚できらたらなって思ってて・・・」

しどろもどろになりながら、答える武道。

心臓の音が高まっています。

 

「ふーん・・・それってプロポーズ?」

武道の言葉に対し、日向が尋ねました、

 

「・・・・・うん!」

武道はその問いを肯定します。

 

その答えを聞いた日向は・・・。

「・・・・じゃあヒナ、死んでもいいよ」

 

日向の言葉を聞き、涙を溜める武道。

「ヒナ・・・やっぱオレ・・・諦めねえ・・・・」

新たにそう、決意するのでした。

 

コミ太
コミ太
失敗しても諦めない武道は、皆に支えられてるからなんだね!
にゃん太郎
にゃん太郎
直人や日向のおかげで武道があるんだよ!

まとめ

過去に戻ることができた武道。

タイムリープの謎が、さらに深まりました。

この謎は、いくら考えても分からない気がします。

もしかしたら、最後まで分からないかもしれませんが・・・。

ただ、今回の1話で日向がキーマンだということが確定したと思います。

直人も、何かの秘密を隠しているのかもしれません。

最終的な結末も気になりますが、タイムリープの秘密がこの作品の最大の謎であることは間違いありませんね!

次回は、持ち直した武道が動き出します。

どんな行動を起こすのか・・・楽しみです!

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!