漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の252話のネタバレと感想!答えは〝イエス〟

 

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

夏生の行動に心動かされた瑠衣。

副料理長にベンの事を話しました。

他のシェフの証言によって、レストランをクビになりました。

レストランから手を繋いで歩く2人。

御礼を言う瑠衣は、夏生に寄り添っていくのでした。

それでは、2019年11月20日発売の週刊少年マガジン51号に掲載されているドメスティックな彼女252話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女252話のあらすじ

瑠衣と共に過ごす夏生。

夏生の作った料理を食べた瑠衣の症状に変化が・・・!

落ち着いたこともあり、夏生は瑠衣に気持ちを伝えます。

瑠衣の答えは!?

ドメスティックな彼女252話のネタバレと感想

「いつまでこっちにいられるの?」

そう尋ねたのは瑠衣。

その問いに1週間目安と、夏生は答えます。

 

大学の講義やサークルを休んでアメリカに滞在する夏生。

「今度ばかりは、ルイを最優先にしたいからさ」

そう言葉をかけました。

 

夏生の言葉に、瑠衣は顔を赤らめて黙り込みます。

そこで、夏生はアレックスのことを話し始めました。

通訳もありましたが、元恋人のリリーに会いに来たアレックス。

すでにリリーに会っているのかと思いきや・・・・。

「アルのやつまだ行ってないって。しかも俺に来て欲しいって言ってるんだよ」

夏生はそう話したのです。

 

アレックスの故郷、ミズーリまでは飛行機で移動する距離。

その往復の運賃は、3~4万円もかかるのです。

夏生の貯金を考えると、そこまでの余裕はありません。

 

その時・・・。

「出すよ・・・あたしが出したげる、飛行機代」

瑠衣がそう話しました。

 

アレックスにも助けられたと話す瑠衣。

夏生とともに、ミズーリを目指すのでした。

 

コミ太
コミ太
相変わらず情けないね、アレックス
にゃん太郎
にゃん太郎
まぁ今回は力になってくれたし、仕方ないね!

 

「なっちゃーん!ルイちゃーん!!」

そう声を上げたアレックス。

泣きながら自分の気持ちを話し始めます。

 

わざわざアメリカまで会いに来て、気持ち悪いと思われるかもしれない・・・。

アレックスはそう考えてしまい、リリーに会いに行けないのです。

 

1度家に2人を連れて行こうとするアレックスですが、夏生はそれを拒否。

空港から、直接リリーの家に向うことを決めるのでした。

 

リリーの家の前に着いた3人。

まだアレックスは心の準備が出来ていません。

 

その時・・・犬を連れて、リリーが家から出てきたのです。

久しぶりに見たリリーに、顔を赤らめるアレックス。

家を出て散歩に行くリリーの後ろ姿を見て、声をかけることを躊躇しています。

 

そんなアレックスに夏生は話しました。

「またモヤモヤ抱えて過ごす日々に戻んのかよ!」

その言葉を聞いたアレックスは、顔を上げ、リリーの背中を見つめ・・・。

「リ・・・リリー!」

勇気を振り絞り、声をかけます。

 

「ア・・・アルなの・・・?」

驚いた表情を見せ、そう呟くリリー。

 

アメリカに来た言い訳を言い始めるアレックスに対し、
リリーはその言葉を遮りました。

「久しぶり、会えて嬉しい。元気だった?」

その問いを終えると、リリーは下を向いてしまい・・・。

「私ね、ずっとアルに謝りたかったの」

そう口にしました。

 

付き合っていた頃、お酒入りのチョコ1つで酔っ払い、リリーを裏切ったアレックス。

その体質を知らず、リリーはアレックスのことを勘違いしていたのです。

「いや・・・そんな、全然・・・日本で失敗した時も、友達に怒られたし・・・」

リリーの謝罪を受け入れるアレックス。

 

しかし・・。

「日本でもやったの?」

リリーは一変し、厳しい口調で問いかけます。

自分の体質を分かったにも関わらず、同じ事をしたのかと問い詰めるリリー。

 

その問いに、アレックスはしどろもどろになり始めました。

2人を見ていた夏生と瑠衣も、異変を感じます。

 

見ていられなくなった夏生は、2人の前に飛び出し・・・。

「俺です!キスされたの俺!」

そう叫んだのです。

 

アレックスへの誤解を解こうと、慣れない英語で必死に説明する夏生。

その様子を見たリリーは、思わず吹き出してしまうのでした。

 

笑顔に戻ったリリーに対し、夏生の行動に心動かされたアレックス。

リリーに本心を告げる事を決めます。

「ずっとどうしてるかなって、気になってた」

アレックスは父親からリリーの話しを聞き、すぐに会いに行きたいと感じます。

しかし、一歩を踏み出せない自分の背中を、夏生が押してくれた・・・。

 

「もし・・・もしよければ、また友達に・・・」

アレックスがそう話した瞬間、リリーがアレックスにキスをしました!

口を開けて驚く夏生と瑠衣。

 

唇を離すリリー。

「また彼女になって、でしょ?」

そうアレックスに尋ねます。

顔を赤らめるアレックスは・・・リリーを抱きしめるのでした。

 

コミ太
コミ太
いきなりキスしちゃった・・・積極的だねぇ
にゃん太郎
にゃん太郎
アレックスの恋が実って良かったじゃないか!

 

「アルよかったね」

そう話すのは瑠衣。

夏生と共に、家を目指して歩いています。

 

話題は、アレックスを助けようと飛び出した夏生のことに・・・。

片言の英語で頑張る夏生を思い出し、瑠衣は笑うのでした。

 

そんな瑠衣に、先に帰るよう伝える夏生。

1人で買い出しをし、夏生が夕食に作ったのは・・・。

「焼うどん・・・!」

その日の夜、料理を出された瑠衣が声を上げました。

 

夏生は帰りに日本食材のスーパーを探し、食感が楽しめそうなうどんを作ったのです。

「こういうモチっとしたのこっちにはなさそうだし・・・」

そう夏生が話した瞬間、瑠衣は涙を流し始めます。

 

「ど、どうした!?懐かしくて帰りたくなっちゃったか!?」

慌てて尋ねる夏生。

 

その問いに対する瑠衣の答えは・・・。

「わかるの・・・少しだけど、味感じる・・・」

なんと、味覚が戻り始めていたのです。

 

涙を流す瑠衣を見て、夏生は優しく抱き締めるのでした。

 

コミ太
コミ太
夏生の優しさに癒されたんだね
にゃん太郎
にゃん太郎
よかった!これで料理を作れるようになりそうだ

 

味覚が戻ってきたことで少し安心した2人。

布団に入って寝る準備に入っています。

 

瑠衣は自分のベットに、夏生はダニエラのベットを借りていますが、
隣に寝る夏生に瑠衣が話しかけました。

「ねぇ・・・こっち、来ない・・・?」

瑠衣の症状が緩和したことで、近々日本に帰ることになった夏生。

しばらく会えなくなると思った瑠衣は、夏生を自分のベットに誘ったのです。

 

1つの布団に入り、顔を赤らめる2人・・。

「来る時考えてきたんだ・・・どう言おうかって」

夏生が話し始めました。

 

その言葉を聞き、夏生を見つめる瑠衣。

そんな瑠衣に対する夏生の言葉は・・・。

「一緒になろう、ルイ」

2人とも働き始め、一人前になったら一緒になろうと話す夏生。

困難もあるかもしれないが、2人なら乗り越えられると言います。

 

「そうだね・・・あたしもそう思う」

瑠衣は夏生にそう返しました。

 

返事は〝イエス〟でいいのかな」

夏生が確認すると・・・。

 

「もちろん!」

瑠衣はそう言い、夏生に抱き着くのでした。

 

コミ太
コミ太
復縁決定だね!
にゃん太郎
にゃん太郎
良かったけど・・・陽菜ちゃんは・・・

 

「ネェさんペース早いっすね・・・大丈夫?」

飲み屋の大将が、心配そうに話しかけます。

 

「平気平気・・・このくらいじゃ・・・まだ酔えないから・・・」

切ない表情で答えたのは・・・陽菜でした・・・。

まとめ

アレックスの恋も無事に実り、夏生と瑠衣の関係にも進展がありました。

再び恋人に戻った夏生と瑠衣ですが、1つ問題が残されています。

それは、日本にいる2人の姉、陽菜の存在ですね。

次回は夏生が日本に帰り、陽菜と会うことになると思います。

2人の復縁を知った陽菜は、どういう反応を見せるのでしょうか・・・!?

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!